革のアクセサリー いろいろ


a0182148_19213490.jpg
a0182148_19203281.jpg
a0182148_19202389.jpg
a0182148_19200125.jpg
a0182148_19194507.jpg
a0182148_19193433.jpg


淡水パールやフランスヴィンテージ竹ビーズ、カレンシルバーの木の実のパーツなど

いろいろ組み合わせたネックレスやイヤリング。

Daisy Storeさんに納品しております。

「風が通り抜ける」シリーズは、手でクニクニと触っていただいてもまた元に戻りますし、

お好みの丸みにご自分で整えていただいてもOKな、融通のきくヤツでございます。

これからの季節、軽やかにお使いいただけると思います。

もしよろしければどうぞお手に取ってご覧くださいませ。








[PR]
# by saksakdoh | 2018-04-09 11:45 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

ビオラとミントとラベンダー

毎日のように、出来上がったパーツをアクセサリーに組み立てたり

オーダーいただいているもののパターンを考えたり、何かしら作業をしていますが、

合間に、数年ぶりに楽しんでいる、寄せ植えの手入れをしています。

以前のようにたくさんは植えていませんが、日に何度も花を眺めて深呼吸して

心安らぐひと時を過ごします。

寄せ植えと庭から、少し分けてもらって、窓辺に小さな花束を飾りました。

こんなに小さな花と葉っぱたちですが、眺めているだけで元気が出てきます。
a0182148_15385637.jpg


さてさて、また近々納品をするので、がんばります。








[PR]
# by saksakdoh | 2018-04-06 15:46 | Trackback | Comments(0)

新作リングのいろいろ

昨年の個展でお披露目した「風が通り抜ける」アクセサリーの新バージョンができました。

パーツがいくつか手元に残っていたのを見ていて不意に思いついて、

小さな淡水パールを編みつけ、かたちにしてみたら、なかなかいい感じ。

早速自分用にリングを仕立ててみました。

もう一つは、最近手に入れたシェルのヴィンテージボタンに、極小淡水パールをつけたもの。

こちらもリングに。
a0182148_17294893.jpg




春夏になると、リングやブレスレットなど、手元のおしゃれが気になります。

というわけで、フランスヴィンテージの大きなボタンと淡水パールで、

大ぶりのリングをいくつかつくってみました。

私としてはとても気に入っているのですが、好みを同じくしてくださる方がいらっしゃればうれしいです。


a0182148_17364224.jpg
a0182148_17371370.jpg
特にストライプのボタンが春夏にぴったりな感じ。

街ゆく人もストライプのお洋服を着てらっしゃる方が多いですしね。



このほかにもいろいろとできておりますので、またご紹介しますね。







[PR]
# by saksakdoh | 2018-04-03 17:46 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

オーダーの長財布

ご希望の色の革がなかなか入荷せず、長い間お待たせしてしまいましたが、

ようやくお渡しできました。

a0182148_21171138.jpg
少しグリーンを帯びたブルーと、シャンパンゴールドの組み合わせ。

中は、いつものお財布と同様の仕様ですが、

ご希望により、反対側には外ポケットをつけています。
a0182148_21171720.jpg



型押しではなく、空打ちしてシボを出した革なので、

全体に柔らかく粘りのある感触です。

傷が目立ちにくい革なので、ガンガン使っていただけると思います。

Tさま、オーダーいただきありがとうございました。

また、装飾カシメのデザインを思いつかれたら教えてくださいね。

末永くお手元でお役に立ちますように。





[PR]
# by saksakdoh | 2018-03-29 21:29 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

オーダーのブローチ

a0182148_10415537.jpg
だいぶん前(かれこれ1年かそれ以上前…汗)にオーダーいただいていた革のブローチ、

ようやく出来上がって昨日納品してまいりました。

以前のブログの中の、ネックレストップのイメージで、サイズは直径5㎝ぐらい、とのご希望。





このネックレストップは直径1.5㎝程度のものでしたが、
a0182148_22062817.jpg


この形を直径5㎝で再現するとなると、革の厚みもパターンも全く別物になることが判明。

それからは折を見ていろいろな厚みのヌメ革で、さまざまなパターンで試作を重ねました。

ついに4㎜厚のヌメ革でほぼ同様の形が再現できましたが、

革を切るのも形作るのもなかなかの力仕事で、さらにやすりで革を削るという作業もあり、

少しは腕の筋肉が活性化したかな…笑。



色については、以前打ち合わせを重ねて決定した色味に近づくように、

乾いては調整し、を繰り返してなんとか完成!

花芯部分は、ペップでは小さすぎるので、最初大きめの淡水パールを合わせてみたのですが、

大きすぎてしっくりせず、チェコファイヤーポリッシュのマット仕上げのライトゴールドを

ワイヤーでまとめて取り付けました。

6㎜のビーズが10個でそこそこの重みになるので、中心部分には別に革を貼り付けて補強し、

裏側にも革を二重にして、ブローチ金具を取り付けています。




あまりに長い間お待たせしてしまったので、打ち合わせの時に決まった色と

現在イメージしておられた色とが、第一印象で少し違っていたようで、

やはり、なるべくオーダーいただくときのイメージが褪せないうちに仕上げなければいけませんね。



一見シンプルなかたちでも、実際につくってみるとそうではないことがよくわかりました。

革の厚みや硬さ、パターンの微妙なカーブの違いなどで、出来上がりが全然違うものになります。

大変いい勉強になりました。

どれが最終的に成功するかわからず、型紙も取れませんでしたので、本当の1点ものになりました。





Sさま、大変お待たせしてしまいましたが、オーダーいただきありがとうございました。

常に学ぶ機会を与えていただき、感謝しております。

結構いろいろなお洋服に合うと思いますので、どんどんお使いいただければ幸いです。

お手元で、末永くお役に立ちますように。




























[PR]
# by saksakdoh | 2018-03-28 11:37 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)