かっちりタイプのお財布ショルダーと、薄型じゃないL字型長財布

大型の台風が通り過ぎましたが、皆様ご無事でお過ごしでしょうか。

ここ数日、朝晩が少ししのぎやすくなってきましたね。



外に出るのも勇気がいるようなこの夏の日々に、家でもやっぱり暑くてヘロヘロになりながら

チクチクと悪戦苦闘しておりました。

かっちりタイプのお財布ショルダーがようやくかたちになりかけています。

イタリアンレザーのブルーもあったのですが、ちょうどお財布を欲していた家族に

持って行かれてしまいました…。

しかし、この際モニターとして役に立ってもらいましょう。(笑)

a0182148_15143436.jpg
a0182148_15150755.jpg
a0182148_15153929.jpg
マチ幅は約2㎝、縦10㎝、幅20㎝で、

一般的なラウンドファスナー長財布の寸法とほぼ同じです。


蛇腹のマチがあって、ファスナー付きの小銭入れとフリーポケット、カード入れ、

口のファスナーは横一文字、というつくりです。

カード入れの場所は10か所ありますが、例によって、できるだけ中の革の重なりを減らし

本体自体を軽く、たくさん物を入れられるように、と工夫しています。

内装にはすべてアメ豚と通常呼ばれているタンニン鞣しの豚革を使用しました。

とても薄いのにパリッと硬いので、芯も必要なく、その分さらに軽量化しています。



そして、もう一つのこだわりは、お財布ががばっと大きく開かないようにすること。

大きく開くと、確かに中がよく見渡せていいのですが、

周りの人にもよく見渡せるのがちょっと気になって…。

ほどほどの開き具合で、自分だけが見やすければいいのではないかと思うのです。

それに、大きく開くためには蛇腹のマチの幅も大きくなるので

その分お財布の中の容量が減りますし、それを解消するためにお財布の幅を広げたりすると

全体の大きさ・重さもアップしてしまいますから。




つくりがつくりだけに、腕ミシンを持っていない私は当然手縫いです。

いくつもつくっているうちには、少しは手縫いが上達したかな…。

きれいなミシン目には及びませんが、丈夫なことは確かです。





調子に乗って、L字型ファスナーの長財布にもチャレンジしてみました。

L字型ファスナー長財布というと、市販のものは薄型が主流のようですが

それじゃあれこれ入れることができません。

なので、私のつくるのはやっぱりあれこれ入るL字型です。
a0182148_15300576.jpg
a0182148_15152169.jpg
内装はこんな感じで、お財布ショルダーとほぼ同じです。

違うのはフリーポケットの場所。

マチ幅は2㎝、縦10㎝、幅だけやや小さくして19.5㎝。



通帳や携帯も入るかっちりタイプのお財布ショルダーと長財布、

またいつかお披露目の機会がありましたら、どうぞご覧くださいませ。



























[PR]
# by saksakdoh | 2018-09-05 16:00 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

「ひと針のチャリティ」で

倉敷のDaisy Storeさんで開催された「ひと針のチャリティ」で

いただいたもの、第二段。
a0182148_10070210.jpg
刺し子の布巾やこぎん刺しのがま口に針山、

入れるところが3か所に分かれたファスナーポーチ、

そして、ここには出ていないけど、ビーズステッチの揺れるピアス。

どれもとても丁寧な手仕事で心がこもっていて、眺めているだけで幸せな気持ちになります。

つくってくださった作家の皆さま、大切に使わせていただきますね。

ありがとうございました。






今年は諸般の事情から、「カバン展」を開催いたしませんので

ゆとりのあるうちに、と、革アクセサリーのパーツもいろいろできてきています。

でも、最終的な仕上げ段階で迷うことも多々あり、中断したり考え込んだり

もう少し時間がかかりそう。

そして、前々から妄想中のデザインのバッグや

新しいお財布ショルダーの試作などにも取り掛かりつつあります。



オーダーもあと少し残っていますので、ご希望をしっかり伺って

気に入っていただけるように製作していきたいと思います。



台風がまた近づいてきていますが、大したことにならずにすめばいいですね。

皆さまお気をつけてお過ごしください。





[PR]
# by saksakdoh | 2018-08-23 10:20 | イベント | Trackback | Comments(0)

オーダーバッグのご紹介

内田屋さんでの「夏の大人スタイル」で

マットな黒レザーにダークシルバードットのこの子を連れて帰ってくださったお客様が

同じ形でデザイン違いをオーダーしてくださいました。
a0182148_14370714.jpg
a0182148_14372540.jpg

色や革の配置などはお任せだったので、お渡しできるまでドキドキでしたが、

気に入ってくださったとのご連絡をいただき、ホッと胸をなでおろしております。

この瞬間が本当にうれしく、オーダーをお受けしてよかったなあと

心から幸せな気持ちになります。



Nさま、オーダーくださいましてありがとうございました。

末永くお手元でお役に立ちますように。






さてさて、倉敷のDaisy Storeさんで開催されていた「ひと針のチャリティ」が

8月20日をもちまして無事終了いたしました。

期間中お運びくださいましたお客様方、本当にありがとうございました。

参加させていただいた一人として、心から御礼申し上げます。

Daisy Storeのスタッフの皆さまには大変お世話になりました。

何度かお手伝いやお買い物には伺いましたが、

ずっとことに当たっておられたスタッフの皆さまのご苦労は大変なものだったと思います。

また第2弾を計画しておられると伺いましたので、できる限り協力させていただくつもりです。

最終日にも素敵なものをいただいて帰り、眺めてはムフフとなっております。

また改めてご紹介させていただきますね。














[PR]
# by saksakdoh | 2018-08-22 14:52 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

「ひと針のチャリティ」にお邪魔しました。

昨日、倉敷のDaisy Storeさんで開催されているイベント

「ひと針のチャリティ」にお邪魔しました。

心のこもった素敵なハンドメイド作品がたくさんたくさんあって、

あれもこれも欲しい!と目移りする中

まず第一弾をいただいて帰りました。

a0182148_13480592.jpg

どれも私好みの色合い💛

丁寧な手仕事にうっとり💛

自分でも使うけど、プレゼントに差し上げても喜ばれそう。



期間中、次々と作品が補充されていくとのこと。

何度伺っても、宝探しのようにお気に入りが見つかりそうです。

売上は、すべて西日本豪雨災害の義援金となります。

お近くの方も、少し遠くの方も、お出かけの際は、

どうぞ倉敷にもお運びくださいね。









[PR]
# by saksakdoh | 2018-08-13 14:20 | イベント | Trackback | Comments(0)

引き続き、オーダーバッグのご紹介

猛暑の日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

昨夜と今朝は少ししのぎやすくて、ほんの少し庭仕事ができました。

日中もエアコンの効きがちょっとよくなったように感じます。

このままだんだんと涼しくなってくれればいいのですが、

今日は予報では40度にもなる地域もあるようで、厳しい夏はまだ続きそうですね。



さて、少し前に納品したオーダーのバッグがお手元に渡ったようですので

ご紹介したいと思います。

a0182148_13010555.jpg
少し光沢のあるスペイン製のジャカード生地と

柔らかなシルバーのゴートレザーの組み合わせで、おにぎりハンドバッグ。

内ポケットの一つをファスナーポケットに、持ち手を少し長くして肩掛けもできるように、

そして、タッセルをプラスして、とのご希望でした。

夏はもちろんのこと、季節を問わずお使いいただけると思います。

Kさま、オーダーいただきありがとうございました。

末永くお手元でお役に立ちますように。






あともう少し、オーダーいただいているものがありますが、

もうしばらく日にちがかかりそうですので

またおいおいにご紹介していきたいと思います。






大物に取り掛かる元気の出ないときも、なにかしら手を動かしたくなって

革アクセサリーのパーツをコツコツつくっております。
a0182148_13321962.jpg
a0182148_13322742.jpg

革をカットして水に濡らして成形して、乾いたら色を塗っては乾かしを何回か繰り返し、

淡水パールやビーズをくっつけるかどうかでまた考え込む…。

納得のいくパーツができあがるまでに何日も、時には間をおいて何か月もかかることもありますが、

ほかでは手に入れることのできない自分だけのパーツだと思うと

一つ一つがとてもいとおしくなります。

どなたかのお気に入りになれたら、本当に心の底から幸せです。

またお披露目の機会を待って、コツコツ製作していきます。










[PR]
# by saksakdoh | 2018-08-08 13:41 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)