<   2018年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

イタリアンレザーのハンドバッグ 力仕事でした~

先日イタリアから取り寄せた革のうちのひとつで、ハンドバッグをつくりました。

表情のある凝った加工なので、デザインはシンプルに、かつ女らしく、と

こんなデザインに。
a0182148_08390543.jpg

中にはオープンポケットが2個。

この形だと、バッグ本体の膨らみのためホックなども付けはずししにくいので、留めはなし。

別の革を合わせて、チクチク手縫いでウッドハンドルを取り付けたのですが

なんだかとっても力仕事になってしまい、終わったらへとへとになりました…。






翌日もう一度じっくり見ているうちに、「やっぱり、あれがいるな」と思い、

タッセルを追加。
a0182148_08491530.jpg
これが完成形です。

ちょっとしたお出かけに、かしこまり過ぎず、かといってカジュアルすぎもせず

シックにきまるのでは、と、コーディネート妄想、またしても全開です(笑)。

ちなみに、持ち手は敢えての逆さ付けであります。









[PR]
by saksakdoh | 2018-06-20 08:56 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

ウッドハンドルのころんとしたバッグ

昨日は大きな地震がありましたね。

大阪は友人や知人・家族がいますし、本当に他人ごとではありません。

被害に遭われた皆さまには心からお見舞い申し上げます。

1日も早く、普段通りの生活が戻りますようにお祈り申し上げます。




こちらも少し揺れましたが大したことはなく、ありがたいことにいつもどおりの製作の日々です。

ダマスク柄のジャカード生地とタンニンなめしの牛レザーで

ころんとしたバッグができました。

a0182148_11353267.jpg
底と上部の革には、カーブとハンドステッチで少しハンドメイド感を添えて。

サイドはちょっと面白い感じになっています。

内田屋さんでの「夏の大人スタイル」でお披露目しますので、実物をご覧になっていただければ幸いです。




マチは12㎝ほどで容量は大きめ。

500㎖のペットボトルも余裕で入ります。

オープンポケットが中に2個あり、口はマグネットホック留めになっています。

内布にキルティング生地を使用しているので、ふわふわした感触。




こういうデザインにはどうしてもタッセルをつけたくなって、コッパーカラーのメタリックな革でプラス。

ワンピースやロングスカートなど、女性らしいデザインのお洋服や着物にも合いそうですね。










[PR]
by saksakdoh | 2018-06-19 12:00 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

USAヴィンテージジャカード生地のクラシックなバッグ

今までいくつもバッグに仕立ててきたUSAヴィンテージのジャカード生地。

軽くて適度なハリがあり、色もシックで気に入っています。

少しムラのあるアンティーク調のブラウンの牛レザーと合わせて

クラシックなバッグに仕立てました。

実はしばらく前につくっていて、すでにお披露目もしていたのですが

写真を撮りそびれてこちらでご紹介していませんでした。

a0182148_08233627.jpg


a0182148_08231563.jpg


同じテイストの柄違いはすでにもらわれていきましたので、この1点のみ手元にありますが

こちらも「夏の大人スタイル」で見ていただこうと思います。

中はオープンポケットが3個で、口はマグネットホック留め。

手持ちでも肩掛けでも両方OKなので、使いやすいと思います。






DMが出来上がりました。

もしどこかで見かけられましたら、どうぞお持ちくださいませ。

DM設置にご協力くださいますお店の皆さま、お世話になりありがとうございます。

初日の7月3日(火)と7日(土)、最終日14日(土)の午後から、作作堂が

直接オーダーをお伺いします。

そのほかの日も、内田屋さんがオーダーを受けてくださいますので

ご都合のよい日においでくださいましたら幸いです。

a0182148_09391362.png
a0182148_09391992.png



[PR]
by saksakdoh | 2018-06-15 08:43 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

カラフルストライプの2wayバッグ

ターコイズがかったブルーと、オフホワイトの革を使うところまでは決めていたのだけれど

あともう1色をどうするかで迷っていたストライプのバッグ。

ライトブラウンや濃いめのブラウンやブロンズなど、いろんな革を切り出して合わせてみたけれど

よく合うはずのこれらの色が今一つしっくりこず。

で、ふと目についたエナメルの黒を合わせてみたら! しっくりきました。

もったりせず、さわやかで涼しげな配色になりました。



形はごくシンプルにすると決めて、それでも、さて、マチはどうする、

持ち手はどうする、口の留め方はどうする、中のポケットはどうする???

決め事はたくさんあります。

表には見えない、カバンの裏側部分のことも考えねばならず、

作り手以外には関係のない裏事情(?)笑 も、イロイロあるのです。

そういうところも含めてずいぶん長い間考えこんでからようやく仕上がったバッグ。



a0182148_12463245.jpg



芯は部分的にしか入れていないので、ふにふに、折りたたんだり丸めたりしても大丈夫。

持ち手を外して二つ折りにすればクラッチになります。
a0182148_12490241.jpg
シンプルで気取らないエフォートレスな装いにさくっと持つと

アクセントになってくれそうです。

色合わせはもう無限大に考えられますが、

このデザインは、しなやかで折り目がつきにくい革に限定されます。

もっともっとたくさんの色を使っても楽しそうだな…。

妄想全開です(笑)。











[PR]
by saksakdoh | 2018-06-09 13:22 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

シンプルトートバッグ・ファスナー仕様

7月3日(火)からの内田屋さんでのイベントで

オーダー見本用にリクエストされていたシンプルトート、

今年は口がファスナー仕様になっています。

すると中のポケットはオープンポケットでよいと思うのですが、

なんとなく一つはファスナーポケットにしてしまいました!

個人的には、ファスナーポケットは出し入れに手間がかかるので

そんなにどうしても必要だとは思わないのですが、皆さんはいかがでしょうか?

防犯上、ぜひ必要という方もいらっしゃると思いますので、

その辺はお好みに合わせてオーダーをお伺いします。





さて、そのトートバッグはこんな感じです。

まず一つ目。
a0182148_09101337.jpg



以前にも似た感じの色合わせでトートバッグをご紹介していますが
a0182148_09140819.jpg
こちらは帆布での配色、

新作は革部分で配色しております。

やはり黄色・グレー・白の組み合わせが大好きなのには変わりありません。

ほかにも、帆布にはサックス、モカベージュ、赤、チェリーピンク、ネイビー、ターコイズなどの

生地色がありますので、オーダーの際はご希望をお伺いします。









もう一つはこちら
a0182148_09102041.jpg
コットンリネンのややハリのあるキルト地に、リザード型押し牛レザーの黒を合わせています。

デザインとしては巷によくあるものですが、素材にこだわりました。

他にも合わせる革によって、例えばシャンパンゴールドなどを合わせると、

ぐっと雰囲気が変わるでしょうね。

このコットンリネンのキルト地は、軽くてしっかりしているのでおススメです。






DMが来週初めあたりには出来上がってくる予定ですので、またどこかで見かけられたら

どうぞお手に取ってご覧くださいませ。


a0182148_09391362.png
a0182148_09391992.png









[PR]
by saksakdoh | 2018-06-08 09:41 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

7月のイベント準備

7月の内田屋さんでのイベントに向けて鋭意準備中。

トートバッグ2点は完成していて、内田屋さんでDM用の写真撮影は終えたけれど、

もう1点、構想中のバッグの画像をどうしてもDMに使いたかったので、

ここ数日、集中して製作していました。

午後完成、夕方自宅で撮影、夜にデータ作成、と慌ただしかったけれど、

さきほど入稿してやっと一息つきました。

ほっ!


a0182148_23500938.jpg

a0182148_23524049.jpg
黒のマットな牛革に、ダークシルバーのゴートレザーでドットをアップリケ。

サイドのシルエットを少し変えています。

反対側はファスナーポケット、中にはオープンポケットが2個、

底板も入れて、使い勝手よく仕上げました。



ドットだけど抑えめな色使いで甘すぎないので、甘口コーデに添えればクールさを、

辛口コーデに添えれば可愛らしさをプラスするはずしアイテムになれるかな。

例えば、ゆったりした白いリネンのシャツをふわりとはおり、

ボトムに砂色のパンツの裾を軽くまくって、エフォートレスシックな装いに、

黒の中折れハットを合わせてこのドットのトートを持ったらいい感じじゃない?

…などと妄想は果てしなく広がります。




それほど複雑な構造ではないのに、ドットのアップリケとサイドの曲線決めに

かな~りエネルギーを費やしました。

私の真剣な様子を察したのか、いつもは「遊んで遊んで!」とおねだりしてくるうちの猫が

おとなしくしてくれていたのがありがたかった。

明日は思い切り遊んであげましょう💛













[PR]
by saksakdoh | 2018-06-07 01:12 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)