<< 続 春財布と、春のイベントのお知らせ 淡水パールのドーム型イヤリング >>

春財布いろいろあります。

季節柄、お財布に関心が向きます。

とはいえ、秋にも「実り財布」としてつくってますが。

本当は、欲しい!と思った時が、どんなものでも使い始めるのに一番いい時期なのかも。






オーダーが比較的多い時期なので、勢いづいていくつかつくっております。

まずは、ナチュラルなシボがいい感じの、弾力あるイタリアンレザーの赤。
a0182148_13002245.jpg






それから、渋めのグリーンとベージュ寄りのブラウンの組み合わせ。
a0182148_13081387.jpg
こちらは、ゴートレザーの型押しで、グリーンの方はタンニンなめし。

薄手の革ですが、適度にハリがあってしっかりしており、軽いです。








中はファスナー付きの小銭入れと、カード入れが仕切りになる札入れ部分とに分かれています。
a0182148_13103306.jpg
カードを差し込む部分は6か所のスラッシュ形式になっていて、

それぞれのスラッシュに2~3枚は入りますし、

その後ろがポケット状になっているので、そちらにも10枚程度は入れることができます。

ポイントカードや診察券など、一つのお財布にまとめて入れておきたい方には

重宝していただけるかと思います。

カード入れの手前と向こうのスペースには、お札や通帳などを分けて入れられます。






なぜ、こんなにあれこれ入れられるお財布をつくったかというと、自分が出かけるときに

さっとこれさえ持てば忘れ物がない、という状態にしたかったから。

それまでは長年2つ折りのコンパクトなお財布を使っていて、

通帳やカードなどは別の入れ物に入れていたので、

出し入れが不便だったり忘れ物をしたり、ということがしばしばあったのです。




市販のラウンドファスナーの長財布やブランド物のお財布は

そのままだと外見がすっきりとかっこよいけれど、

自分が入れたいものを全部入れると、もともとの美しい本体が膨らんで

ファスナーやふたが閉まりにくくなったり、中身のシルエットが表に出てしまうような構造だと感じました。

また、カード入れ部分がたくさんの独立したポケット状になっていて

革が何重にも重なり、私には少し大きく重く感じられました。



必要だと思うものを全部入れても、必要最小限のもののみ入れても、

容量が融通のきく、なるべく軽くてコンパクトなお財布が欲しくて、初代の長財布が誕生しました。

それからサイズや作りの部分で、少しずつ改良を加え、現在の仕様になりました。

兄弟分として、スマホも入る、もう少し大きめのお財布ショルダーも生まれました。



現在、私は6年越しの相棒の長財布のほかに、

荷物を少なくして身軽に出かけたいとき用の、さらに軽い長財布を併用しています。

もうひとつ、その半分ほどの大きさの財布も、

自分用につくりたいと思っているところ。
a0182148_11481686.jpg
この大きさのものは、現在内田屋さんに少し置かせていただいています。




まだ、もう少し、新作の長財布がありますので、

次回ご紹介させていただきますね。
















[PR]
by saksakdoh | 2018-02-21 14:02 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://saksakdoh.exblog.jp/tb/238347739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 続 春財布と、春のイベントのお知らせ 淡水パールのドーム型イヤリング >>