<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

レザーアップリケの帆布トート

8号帆布にグリーンのヌメ革でドットのアップリケを施したトートバッグです。
a0182148_1641479.jpg



底もグリーンのヌメ革。
a0182148_1654996.jpg


内布はきなりのデニム地で、かっちりと丈夫な仕上がり。

芯は貼っていませんが、自立します。

ポケットは内側に2個、マチ幅は10cm。




黄色の方は、どう見てもカボチャの配色です。おいしそう…。
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-31 16:11 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

ネックレスとヘアピン

a0182148_1421924.jpg

リバーストーンとビーズクロシェのロングネックレス。

一連でも2連でも、ぐるぐる巻いてブレスレットにも、ラリエットのようにも。

ビーズクロシェのきらきらのしずくがおもりになって、しっくり落ち着きます。





a0182148_14265537.jpg

レザーアジサイのヘアピンなら、子供っぽくならず上品に着けていただけると思います。

まとめ髪に2,3個着けると、浴衣にも似合いそう。
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-29 14:31 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

大きめ2wayバッグ

縦シボのはっきり出たコットンダブルガーゼの質感を生かして、大きめのパッチワークにしたバッグ。
a0182148_8292335.jpg



持ち手は洗いをかけたヌメ革。

シャツの襟のような形に留めてみました。

ショルダーの方の持ち手は長さ調節可能。



底も洗いをかけたヌメ革。
a0182148_8315685.jpg



中には、ペットボトルが入るマチ付きのホルダー(ポケットでなく)と大きめのポケット、小さめのポケットがあります。



トルソーに持たせてみました。
a0182148_8351261.jpg


縦30cm、横40cm、マチ10cmほどで、かなり大きめです。
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-27 08:41 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

苔むす石

「おとうさん、これなあに」

「初めて見るものに、うかつに手を出しちゃいけないよ。用心用心」

a0182148_8292099.jpg




a0182148_8311618.jpg
苔むす石たちがずらり。

夏の森の中にありそうじゃないですか?
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-26 08:34 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

夏色の森

もうすぐ「チクチク日和vol.32」です。
a0182148_932223.jpg


今回のテーマは「夏色コレクション」なのですが、このテーマを下敷きにしつつ、

「夏色の森」をイメージして制作しています。

たとえば、
a0182148_8533989.jpg


ちょっとわかりにくいですが、ゴールドのクロシェフラワーの間に、ゴールドのうさぎが見え隠れするように工夫しています。



色のイメージとしては、深い緑、黒、そして濃い緑の葉からもれるきらきらした夏の太陽の光、という感じ。

それから、ところどころに咲いている色鮮やかな花。




今年のうちの庭は、たいした花もなく、グリーン一色で少しさびしいのですが、

昨夜の映画でやっていた「トランスフォーマー」の主人公の少年のおうちは、

お父さんとお母さんが丹精して育てた芝生やお花で、たいそうきれいでした。

あんなおうちに住みたいと思うほど。

でも、お仲間のオートボットに踏み荒らされてかわいそうなことになってしまいましたけどね。

映画を終わりまで見ていませんけど、平穏な日々が戻ってきた暁には、

ぶつぶつ言いながらも、またお父さんとお母さんが頑張ってお庭をきれいにするんでしょうねぇ。
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-25 09:16 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

きのこみたいな…

ビーズクロシェのヘアゴムです。

a0182148_1653054.jpg


いろんな色で。

a0182148_1663478.jpg

a0182148_1675256.jpg

a0182148_169127.jpg



直径3cmぐらい。

結構大きめで、手触りもつぶつぶしてカワイイです。
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-23 16:14 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

TABASAさんへ納品

本日、ラメ糸とビーズのクロシェフラワーのブレスレット、ネックレス、イヤリングなどを、TABASAさんに納品しました。


a0182148_1819556.jpg
これと同じではありませんが、これに似た感じのものです。

一見地味なような華奢なような…

だけど、着けてみるとあなどれない存在感。

そんなアクセサリーになったと思います。



そのほか、
a0182148_18172024.jpg



a0182148_18174221.jpg
なども。

写真にはありませんが、ファスナーの引き手には、革とメタルパーツでちょっとおめかしを。




お店には、大人用のお洋服はもちろん、

kids用のかわいくておしゃれなTシャツやスカート、パンツ、エプロンなどもたくさんありましたよ。

近くを通られる際には、ぜひ、のぞいてみてくださいな。
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-22 18:35 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

地道な作業

ビーズを編み込んでがま口をつくるなんてことは一生しないだろうなあ、と思っていたのに、

……人生とは、思ったとおりにいかないものです・・・って、違うか。



a0182148_8162187.jpg

これは大きめのビーズを1000粒程度、レース糸20番程度の少し太めの糸に通して編んでいるので、

たぶん面倒くささからいえばそれほどでもないんでしょうけれど。




a0182148_8203638.jpg

こちらはもっと細い30番ぐらいの糸でビーズも小さかったので、ちょっと小さめ。

がま口の金具に縫い付けるか、それともファスナーにするか、検討中。




一昔前は、こんなのよりもっともっと細かいビーズ編みのバッグやらポーチやらがま口やらが、

そのへんにごろごろあった気がする。

昔の人は、普通に自分の手だけできれいなものを作り出してしたのに、今は機械の助けがないと作れないものがいっぱい。

技術は進歩したけど、その分人間自身の能力は退化しているのかもしれないですね。

せっせと手を動かして、少しでも退化に抗おう!




ケータイや電話がなくなったら、テレパシー能力が目覚めるかも?

人間の脳のうち、日常使っているのはほんの10%ほどと言われているけど、

使っていない90%は、昔の人が使っていた脳のなごりだったりして。
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-17 08:41 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

再びごっつい帆布で

ころんとしたポーチです。

a0182148_2152179.jpg


a0182148_21521987.jpg


a0182148_21523537.jpg


レザーのアップリケを施しております。

しっかりした帆布なので、あえて内布はなし。

そのかわり、縫いしろはピッグヌメ革でくるんで始末しています。





最近、すてきな革を数種類入手。

何をつくるか、またまた妄想の日々。

仕事や家事の合間に、乗り物の中で、次々に出来上がりの映像が浮かんできます。

「あっ、これいいかも」とまたまた展開図やらパーツやらを妄想。

3D映像でいろいろくっつけたりはずしたり、場所を変えてみたり…。

妄想中は、私、どんな顔をしてるんでしょう?

気持ち悪くないといいけど…。
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-14 22:20 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

ごっつい帆布とヌメ革

ごっつい6号帆布と味のあるヌメ革で、ポケットたくさんのショルダーバッグをつくりました。

a0182148_23515048.jpg

持ち手の長さは調節可能。

脇に抱える長さからななめがけまでOKです。

マチは8cm、A4が縦にすっぽり余裕で入る大きさ。

中は
a0182148_23543848.jpg
こんな感じ。

ほかに
a0182148_053716.jpg


a0182148_2359506.jpg
の3色展開。

かなりがっちりしたつくりなので、ガンガン使っていただきたいバッグです。



この暑い夏、ペットボトルや水筒をバッグに入れてお出かけする機会も多いと思いますが、

専用のポケットがあるとやっぱり便利ですね。



このごっつい帆布とレザーの組み合わせで、ほかにもいろいろとつくっております。

また改めてご紹介したいと思います。
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-14 00:21 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)