<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

DUE作家展

いまさらですが、……もう最終日ですが、

DUE作家展「ステキの種」に参加しております。

作作堂からは、ペンケースやアクセサリーを出品しています。

a0182148_1550551.jpg


a0182148_15503827.jpg


a0182148_15513485.jpg


一番下の写真のアルファベットの入ったペンケースは、キップのヌメ革に仏語の型押しがしてあるもので、
文字が浮き上がっていて、かっこいいのです。
見かけのハードさとはうらはらに、手触りはなめらかでしっとりしており、いつまでも触っていたくなる感じです。

しばらく前に、友人のお誘いで姫路の革工場見学に行ってきましたが、そのあと神戸、大阪へと足を伸ばし、
いろいろ買い付けてきたもののひとつです。
その時のことは、またおいおいお話したいと思います。
[PR]
by saksakdoh | 2011-02-27 16:14 | イベント | Trackback | Comments(0)

内田屋さんへの納品

先日のブログでご紹介したバッグ4点とレザーのペンケース「ゴンドラ」のほかに、
通帳ポーチとレザー+USAヴィンテージコットンのペンケースを納品しました。

a0182148_1774831.jpg
a0182148_17852.jpg


内田屋さんの雰囲気に合わせてシックなカラーが中心ですが、もう春なので、明るい色も混ぜています。
お店の中には、おしゃれで味のある食器やお洋服など、いつもながらセンスのよいセレクトのものがたくさんありました。
どれもほんとに欲しくなってしまうものばかり。
目の毒です(笑)。
[PR]
by saksakdoh | 2011-02-18 17:16 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(2)

天然石のピアス、ストライプのバッグなど

ビーズアクセサリーをつくり始めてから、わりと早いうちに天然石の魅力に取りつかれました。
子供のころから石好きだったのも関係あるかもしれません。
本当に透きとおって宝石といえるようなものも、クラックや曇り、色ムラなどのあるものも、
ひとつひとつがそれぞれに魅力的に思えるのです。
きれいにカットされたものも、ラフに岩場から削り取られたようなものも、それぞれに素敵。

きれいな石は、シンプルに色合わせを楽しんで、ピアスやイヤリングにしたくなります。
a0182148_21572426.jpg
a0182148_21582129.jpg
a0182148_21585152.jpg

上から、レピドライトとピンクオパール、スカイクォーツとアメジスト、淡水パールとグリーンオニキスのピアス。
ジルコニアのロンデルとの組み合わせが好きです。




それから、きっぱりすっきりした潔いストライプのトートバッグ。
a0182148_22154947.jpg


洗いをかけたふかふかリネンとウールの生地をつないでいます。
ウールでも、リネンと組み合わせているしこの色合いですから、春夏にも使えると思います。
白いレザーフラワーのコサージュつきなので、さらにさわやかさが増す感じ。

白い麻のシャツに、麻色のパンツの裾をロールアップして、
素足に白いスニーカーかヌーディなサンダルなんか合わせたらステキだろうな…。


このバッグたちのもう一つの面は
a0182148_22181513.jpg

マリンな感じになっています。


これらのもののほか、シュシュやペンケース、ネックレスなどをTABASAさんに納品しています。

TABASAさんは、お店の中がまるでおしゃれな女性のお部屋のようにコーディネイトされています。
奥の方にはライティングデスクがあって、そこにさりげなくステーショナリーが置いてあったり、
壁際に洋服といっしょにバッグがかけてあったり。
アクセサリーも自分のお気に入りを大切に並べているような、本当に、そこに住んでいる人の物語が感じられるような、
そんなディスプレイなのです。
お店というよりもひとつのお部屋のような雰囲気で、とても心和む場所。
もし近くを通りかかられることがあれば、ぜひお立ち寄りください。
[PR]
by saksakdoh | 2011-02-14 22:42 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

ポーチ、ペンケース、バッグ

こつこつ、つくっていました。
a0182148_21214961.jpg

淡いさくら色のしわ加工のレザーとパキッとした鮮やかなグリーンのヴィンテージレース。
そして、やはりきれいなグリーンのバックル。
ピンクとグリーンの組み合わせ、ちょっとフレンチな感じ。


このバッグのもうひとつの面がこれ。
a0182148_21265097.jpg

すごくきれいな色づかいのUSAコットンプリントです。
大きな花柄がオトナな感じ。

このバッグは、あえて持ち手まわりのぐるりにステッチをかけていません。
試しに同じ生地を使ってミシンステッチをかけてみましたが、思ったとおりかちっとした硬い仕上がりになってしまうんです。
ふんわりしたレザーの質感を損ないたくなかったし、内側の鮮やかなプリント生地をちらちらとのぞかせたかったので、
ここはあえてステッチなし。
決して手を抜いたわけではありません(笑)。





それから、春らしい色合いのレザー+USAヴィンテージコットンの通帳ポーチ。
a0182148_21453416.jpg

内側に、カードが入る大きさのレザーのポケットがついています。
ファスナーの引き手もゴールドのレザーでおめかし。


レザー+コッカのコットンプリントのペンケース。
a0182148_21475017.jpg

マチもついているので、見た目よりもたくさん入ります。

笠岡のtick.tock-Repos-さんに納品しました。

今日はとってもたくさんのお客様でにぎわっていましたよ。
バレンタインデーが近いからか、チョコレートの香りのお茶をサービスしていただきました。
香りはチョコレートなのに味は紅茶なのがすごく不思議。
お砂糖が入っていないのに、香りのせいでほんのり甘く感じるのも不思議。
お邪魔するたびになにかしら新しいものが登場していて、ついついきょろきょろしてしまいました。
[PR]
by saksakdoh | 2011-02-13 22:07 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(1)

小さな帽子三姉妹

これ、なんでしょう?
a0182148_8584053.jpg

頭の大きさ直径4.5cmぐらいの小鳥さんならかぶれる大きさ。




オーダーいただいてつくったお鍋のふたのつまみカバーです。
リネン糸とレザーでできています。
火を使うコンロでは危ないので使えませんが、電磁調理器で使用されるとのことですので、OK。
つけはずしやフィット加減のことをいろいろ考えてこの形になりました。
まだあんまりお披露目してませんが、おかげさまで密かに人気者のようです。




それから、
a0182148_991873.jpg

a0182148_9103568.jpg

a0182148_9123888.jpg


a0182148_9171782.jpg

これらのバッグは、近々内田屋さんに納品する予定です。
素材も色もこれからの季節にぴったりの軽やかなものを中心にしています。
もしお好みのものがありましたら、お手にとってご覧ください。


新作のバッグもただいま制作中。
つくっているとウキウキしてきます!
[PR]
by saksakdoh | 2011-02-06 09:31 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(3)

レザーとプリント生地のシュシュ


先日倉敷であった素敵なイベント「クローバー雑貨店」。
そこで見つけたカーキブラウンのヌバックを見ていたら、こんなシュシュがつくりたくなりました。
a0182148_9342853.jpg

手前の、革もプリントも渋いのが私の今の好みですけれど、それだけでは寂しいので、
リバティやUSAのきれいなプリントも使ってみました。

小さな小さなリボンが付いているところ、が、こだわり。

自分が使うとしたら、なくてもいいんですけどね。

そこは、ほら、やっぱり、ちょっと目立たせてやらなくちゃ。
自分の娘を人前に出すなら、ちょっとはおしゃれさせてやらなくちゃね、というような、そんな気持ち…(笑)。
そのうちに、しかるべきところにデビューさせてやりたいと思います。
もしどこかで見かけられましたら、お手にとってご覧くださるとうれしいです。


今日もこちらはいいお天気。
広島でやっているミナ・ぺルホネンの「piece, 展」に行きたい!
2月22日までなのですが、なんとか予定をやりくりして行きたいものです。

やっぱりものづくりをしていると、行き着くところは、自分のオリジナルの素材を使ってつくりたい、
というところなのじゃないかと思うのです。
羊を飼って、綿を育てて、というところからは難しいものの、オリジナルのテキスタイルを使って、というのは、やっぱり憧れです。
自分が描いたデザインが、刺しゅうやプリントのテキスタイルになって現れたら、どんなにか素敵でしょう!
それこそ、1mmたりとも無駄にしないで使い切ろうと思うはず。
そんな思いがミナ・ぺルホネンにもちゃんとあるんですね。
今をときめくブランド、憧れの対象だけど、ものづくりの原点を常に見つめている、そんな姿勢も素晴らしいと思います。
[PR]
by saksakdoh | 2011-02-04 10:30 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

内田屋さんへの納品part②

昨日のブログでご紹介したもののほかにも、いくつか内田屋さんに納品しました。
a0182148_8271518.jpg
a0182148_8273642.jpg



後日バッグなども納品の予定ですので、またこちらでご紹介したいと思います。




こちらでは昨日は日差しも暖かく、空気が春の香りでしたね。
本当にうきうきしてきます。
手芸女子としては、ますます制作意欲に拍車がかかりますが、こんなに春の香りがしてくると、外で手仕事をしたくなります。

もうずいぶん前のことですが、セーターを急いで編み上げなくてはならないけど外があんまり気持ちいいので、
お茶とおやつを用意して、公園のベンチで編み物をしたことがありましたっけ。
まだまだニットカフェとかアウトニットなどの言葉もなかったころのことです。

楽しんでものづくりができる環境にいること、本当に幸せだなあと思います。
[PR]
by saksakdoh | 2011-02-03 09:00 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

内田屋さんへの納品

明日、内田屋さんにアクセサリーを納品予定です。

そのうちのいくつかをご紹介します。

a0182148_1145083.jpg
a0182148_11451898.jpg
a0182148_11453352.jpg


ネックレス、ピアス、イヤリングなど。

2月の誕生石アメジストや3月の誕生石アクアマリンを使ったものは、お誕生日プレゼントにもいいかと思います。





画像の中で、シルクコードで石を留めつけているものを少しアップでご紹介。
a0182148_115079.jpg

こちらは、天然石のイエロージェイド、オリーブジェイド、グリーンジェイド、ぺリドットジェイド、ムーンストーンを使っています。

ロングネックレスでも軽くするため、さらに加えたものはグリーンのウッドビーズ。

全体にはグリーン系の色味ですが、重い印象にならないように、クリーム色と、黄色みがかった淡いグリーン、

それにムーンストーンの乳白色を加え、動きが出るよう、2種類の留め方で、石をつないでいます。

2連でも1連でも、またゴールドやパールのネックレスとの重ねづけも素敵。

コットンや麻の白いシャツ、あるいは逆に黒やダークブラウンのセーターなどにも合いそうです。





a0182148_1241593.jpg

こちらはピンク系の柔らかな雰囲気のロングネックレス。

シルバー925のパーツを使用しているため、そのイメージをこわさず、

さらにピンクにもよく合うように、グレーのシルクコードで石をつなぎました。

使用したのは、大粒のローズクォーツタンブル、ピンクオパール、うっすらピンクに染めたキューブのハウライト、マザーオブパール、

軽さを出すためのウッドビーズ、シルバー925のパーツ、そしてシルバーのメタルビーズとガラスビーズです。

こちらも2連、1連両方OKの長さ、パールのロングネックレスとの相性はばっちり。

シルバーグレーのカシミアセーターなんかと合わせて上品に仕上げる王道のコーディネイト以外にも、

じゃらじゃらネックレスやたくさんのブローチに添えて、あえてポップにキッチュに味付けしてみても面白そう。






よく、「自分の持っている洋服には合わないから」とか「これを着けていくようなところには行かないから」と、

アクセサリーやバッグ、帽子、靴などの小物を買うのを躊躇することがありますよね。

でももしかしたらそれは逆で、先に小物ありき、で考える方がいいのかも。

気に入った小物、今日の気分の小物をまずコーディネイトの主軸に据えて、

それからそれに合う洋服や全体の雰囲気をつくりあげていく…。

そうしたら気分もそれに見合ったものになって、普段行こうと思わないようなところに出かけていく気になって、

そして、普通なら会えないようなひとに会えたりする…。

案外新しい出会いとか新しい経験って、そんなほんの小さな「さかさま」から生まれるのかも。
[PR]
by saksakdoh | 2011-02-01 12:44 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)