<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

クロシェネックレスとレザーとコットンリネンキルトのトートバッグ

先日つくったこのパーツ
a0182148_1453261.jpg



こうなりました。
a0182148_146182.jpg




レザーとコットンリネンキルトの2wayトートバッグは、マチたっぷり。

レザーの外ポケットもついていて機能的。
a0182148_1482443.jpg




両脇にあるレザー部分のホックを留めると
a0182148_1494015.jpg



こんなふうに、ころん、とした形になって、かわいいです。
a0182148_14102745.jpg



底部分は全体にレザーを縫い付けているので、しっかりしています。

春にお似合い、手編みのレースモチーフとメタルのバッグチャームもついています。
a0182148_14112784.jpg



オイルのしみこんだしっとり味わい深いブラウンのヌメ革と、

大きめシュリンクのちょっとワイルドなダークブラウンの2色展開。

季節を問わず使える素材、日常で使いやすい形と大きさです。

また納品のときにはこちらでお知らせしたいと思います。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-27 14:36 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

ニットポケットのバッグ

しばらく前につくって、すでにお客様のもとへ旅立っていった子たちですが、

ニットポケットのバッグを2点ご紹介します。

a0182148_991419.jpg

ポケットだけでなく、かぶせ部分もおそろいで編んでいます。

ヴィンテージの元気なオレンジのボタンをアクセントに。

本体はウールのオレンジ系のヘリンボーン。






a0182148_9111398.jpg

こちらはタータンチェックのウール地に洗いをかけ、しわ加工したものが土台です。

コットンとリネンの糸の2本取りでローゲージ気味に編んだポケットを、

少しラフな雰囲気で縫い付けています。

持ち手は珍しいグリーンのヌメ革。

マチのないシンプルな形で、ちょっとそこまで、のお出かけ用。






今年になってようやく湯たんぽなるものを使っていますが、ほんと、いいわ~!

寝るときだけでなく、椅子に座って作業するときにも足を乗せているとぽかぽかです。

どうしてもっと早く使わなかったんだろう。

ショウガが大好きなので(?)もともと冷え症でもありませんが、

湯たんぽがあれば冬もどんとこい!、な感じです。

湯たんぽ、バンザイ!!
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-26 09:28 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

納品のお知らせと不思議なできごと

a0182148_21545489.jpg

先日のブログでご紹介した「ゴンドラ」ペンケース、

本日DUEさんに納品しました。

キーチャームの方は、男性にも女性にも使っていただけるすっきり系のデザイン、

レースモチーフの方は、かわいいのがいい!という女性に。

手のひらにすっぽり収まる幅で、バッグの中でも場所をとりません。

レザーの柔らかめのペンケースをお探しでしたら、

どうぞお手にとってご覧ください。





話は飛びますが、何年も前からずっと不思議に思っていることがあります。

それは、台所の食器洗い用洗剤の容器に関すること。

上部の突起部分を上に引っ張って持ち上げ、下に向けて容器のおなかの部分を押すと

洗剤が出てくる、普通にスーパーなどで販売しているあの容器なのですが、

使い終わってもいつも突起部分を下に下げないで、常に洗剤が出てくる状態にしています。

次に使うとき、そのままおなかの部分を押せば洗剤が出てくるようにしているわけです。

それなのに、それなのに、……

数時間後に食器を洗おうとすると、いつも突起部分が少し下に押されてて、洗剤が出にくい状態に

なっているのはなぜ~?









ちなみに、だれか家族がこっそり食器を洗ってくれて、

洗剤の容器の口部分を下に下げて、洗剤が出ないようにしてくれている、

なんてことは決して決してありません!




今までずっと不思議に思っていたのだけれど、別にそんなに困るほどのことでもないので、

不思議に思っては忘れ、不思議に思っては忘れ、の繰り返し。



もし、「借りぐらしのアリエッティ」みたいな人たちがひそかに使っているんだったら

それはそれでいいのですが。

ほかに考えられることとしては、台所だけ共有のパラレルワールドの住人が使ってるとか。



重力だとか気圧だとかの「科学的な」説明は、しようと思えばできるんでしょうけど、

ちょっと物足りません。

不思議大好き、謎大好きです。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-24 23:01 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

ニットのキャップ

家族に頼まれて、キャップを編みました。

久しぶりに棒針編み。

一応本を見たりするけれど、基本、とりあえずやってみるのが好きな私。

とりあえず、編んでみました。

a0182148_22223123.jpg


かなり大きく、ふんわり出来上がりました。

これはこれでかわいいので、うさぎとちょうちょのチャームをつけてみました。

ふわふわの糸なので、顔の周りまであったかです。



それをみた別の家族メンバーが、自分のも、と所望。

うちにある毛糸のなかから選んでもらって、また、とりあえず編んでみる。

すると、今度はちょっとぴっちりめ。

これはこれでいいけれど、もうちょっとゆったりめがいいかな、と3つ目を編む。

そうして、シンプルながら、ほどよいゆとりのが出来上がりました。

a0182148_22383464.jpg




最初に編んだ上の写真のものが、かなりゆったりめなので、ジャストサイズのも編んでみるつもり。




こんなふうに、ここ数日、頼まれたのをいいことに、

編み物好きの本領発揮。

必要以上のキャップを編んでおります。

編み込みやボーダーのも編みたくてうずうず。

家の用事、だれか代わりにやってくれないかなあ…。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-23 22:41 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

レザーのペンケース

ここのところ、ときどきつくっては納品しているレザーのペンケース。

本体の形は定番化していますが、くっつけるものがときどき変わります。

今回は、ファスナーの取っ手につけたレザーが長めです。

a0182148_192672.jpg

キーチャームをつけたすっきり系と、

レースモチーフをつけたガーリー系の2種類。

ダークブラウンのみしっとりした感触のゴートレザーで、あとの3種類は牛レザー。

今まで名前もつけてやっていなかったんですが、このたび、「ゴンドラ」と命名しました。

ベネチアのゴンドラの形にちょっと似ている気がしたもので。

ほっそりしているわりに、ボールペンやシャープペンシルなど

10本近くも入る頼もしいヤツです。

もし見かけられましたら、どうぞよろしくお願いします。





そして、先日リボンブローチに使用した、こちらのしわ加工のレザー。

a0182148_1917471.jpg

ほんのり桜色でマットな表面、柔らかな手触りで味のある革です。

この革で昨年バッグを2種類つくったのですが、

どちらもすぐにお客様のもとに貰われて行きました。

今年も春に向けて、この革でやさしい雰囲気のバッグをつくろうと思います。

まだまだ寒いけど、春はもうすぐですもんね。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-19 19:43 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

リボン、リボン、リボン

風の強い寒い1日。

こんな日にセンター試験…。

受験生の皆さんのがんばりが、良い結果につながりますように。





がんばってる若者たちには申し訳ないけど、私はぬくぬくおうちでハンドメイド。

今日はリボンモチーフに取り組んでみました。

別にとくに何の変哲もない、ごくノーマルなレザーのリボンモチーフ。




a0182148_2151433.jpg

上の写真は、少しくすんだ柔らかいピンクのしわ加工のレザーでつくったもの。

ストライプのリボンを合わせて、ブローチにしてみました。







a0182148_21591234.jpg

こちらは、味のあるヌメ革とスワロのヴィンテージパーツでつくりかけたリボン。

何にするか、これから何をくっつけるか、まだ考え中。

ヴィンテージパーツがキラキラしてとってもきれいなので、シンプルな方がいいかな、と思ったり。





しかし、リボンって、シンプルな構造のわりに奥が深い。

リボンの形にするためにいろいろ素材をいじっていると、

幅や長さの違い、ギャザーやタックの取り方の違い、

裏側の部分の引っ張り具合や幅の違いなど、ちょっとしたことで

できあがりのイメージがずいぶん変わってきます。

リボンモチーフひとつとってみても、妥協せず、イメージ通りのかたちになるまで

試作を繰り返すという姿勢を忘れてはいけない、と強く思ったことでありました。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-15 22:45 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

タータンチェック

ずっとタータンチェックが大好きです。

ウールのものにはとくに目がありません。

あんまり地味なものより、どちらかというと鮮やかな色が入っているものが好き。

でも派手な色でも、なぜかタータンチェックってお行儀よいイメージがありますよね。

決して下品にならないところが不思議です。


a0182148_810498.jpg

こちらのウールタータンチェックはあまり見かけない珍しいチェックです。

生地もとても上質で、手触りもいい感じ。

洗いをかけてしわ加工したものを、レザーと合わせてハーフショルダーにしました。

ギャザーを寄せてふんわりさせたあげくに、さらに底部分にタックをとって、

立体的なシルエットにしています。

自分で使いたいと思っていたのですが、とあるイベントで

私以上に気に入ってくださった方がいらっしゃって、その方のお手元に。





a0182148_8181576.jpg

こちらの鮮やかなチェリーピンクのウールタータンチェックは、

実は最初、女の子用のクラシックなコートを作りたくて購入したものでした。

しかし時は流れ、コートではなく、いつしかバッグへ。

けば立ちの少ない、すべらかで上質なウールですが、

こちらも洗いをかけ、やさしい手触りの生地へと変身させました。

大好きで集めているバックルに通して、ちょっとなつかしいイメージに。

でもリバーシブルになっていて、内側は少しかわいいイメージになっています。

こちらは昨年の個展のときに、お客様にお求めいただきました。




そういえば、以前はタータンチェックのスカートなどもつくっていましたっけ。

ワンピースやスカートなどもよく着ていたものですが、

最近身に着けるもののスカート率が、ほぼゼロに近い状態。

寒いとき、暑いときはとくにスカート率が低下。

スカートってなんとなく全体のバランスがパンツより難しい気がするんですが、どうでしょう?

一度ちゃんと鏡の前で研究してみないといけません。

鏡の前で自分と向き合う……ああ、恐ろしや恐ろしや。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-12 08:52 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

きれいなプリント地

いろんな材料をついつい集めてしまいますが、

今日はきれいなプリント地を少しご紹介します。

a0182148_21523153.jpg


a0182148_21525920.jpg


上の写真は、どちらもUSAヴィンテージリネンのプリント地。

きれいな色合いで、見ているだけでウキウキします。

上のピンクローズとマーガレット(ガーベラかも?)のプリント地は

まだもう少し残っているのだけど、

もったいなくてなかなか使えません。

ときどきながめて目の保養をしています。




今日は、岡山、倉敷と、お買い物をしてきました。

そしてとってもきれいなプリント地と、とってもかわいいボタンが手に入りました。

しばらくはながめて楽しんで、それからウキウキ使わせていただきます。

またつくったものをご紹介できればと思います。

RELIQUE の河村さん、PLYWOODのマカロニさん、TIMESMARKETのかわいい方、

今日は、本当にありがとうございました。

またお邪魔しますね!
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-10 22:12 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(4)

毛糸を使ったもの

風が強くて空が暗く、寒そうなお天気なので、

今日は毛糸を使ったものを。




毛糸で刺しゅうしたウールフラノのバッグ。

肉厚で、持ってるだけであったかい感じがします。
a0182148_15484688.jpg






次はカラフルなボーダーに編んだニットと革のポーチ。

編み込みみたいに見えますが、変わり編みを施したボーダーです。

a0182148_15541131.jpg

左の、はっきりしたピンクと落ち着いた赤のような組み合わせも好き。






中学生のころは、マフラーと手袋(主にミトン)をセットでよく編んでいましたっけ。

なにせ手芸女子ですから(笑)。

試験期間中にも編んでて(家でね)、取り上げられたこともしばしば。

でも編みだすと止まらない。

少しずつ模様編みが出来上がっていくのがうれしくて、

あと少し、もう少し、と止まらなくなるんです。

おかげで根気良くはなったみたいです。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-09 16:05 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

TABASAさんに納品します

昨日の「えんとつ付き編みぐるみ石ペーパーウェイト」(レザーアジサイ付き)と…

って、いや~、何べん見てもかわいくないネーミング(笑)。

「あみあみ石ころん」とか「石まるこ」とか「ずっしりっち」とか

何か名前をつけてやらなくちゃ。






それから、レザーアジサイとレースのコサージュ
a0182148_11344389.jpg
 
これから卒業、入学・入園の時期、こんなのもいいな、と思ってくださる方がいらっしゃったら

うれしいです。





それと、ネックレス
a0182148_11402662.jpg
 
いちばん左はラブラドライト。こんにゃくの透き通ったような薄いグレーの石ですが、

ブルー、グリーン、イエローのシラーが浮かび上がる、一見地味なのにクールにキラリと光る

かっこいい石です。

細い細いメタリックシルバーの糸で、ツイストフープに編みつけています。

少しラフな感じを出したかったので、銀古美の長めのチェーンで。

ダークブラウンのシェルのクロスをプラスしています。

男性にも女性にも使っていただけるデザインだと思います。



中央は、きれいなロゼワイン色のロードライトガーネット。

1月の誕生石です。

こちらも細い細いメタリックシルバーの糸でフープに編みつけています。

こちらは40cmのチェーンでやや繊細な雰囲気に。



右のはメタルの透かしパーツに、まったりした色合いのチェコシードビーズを

やはり細い細いメタリックゴールドの糸で編みつけています。

ミントのような薄いグリーンに、やや黄色みの強いゴールドの糸と、金古美のパーツの色合わせが

ちょっとアンティーク風な風情です。

これだけではちょっとさびしいので、とってもきれいな、照りのあるしずく型の淡水パールを

ポイントにしてみました。



今日の午後には納品に伺う予定です。

もしよろしければ、お手にとってご覧くださいね。

どうぞよろしくお願いいたします。






P.S.名前は「あみころ」にしました。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-07 12:08 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)