カテゴリ:ハンドメイド その他( 66 )

USAコットンとレザーのバンクポーチ

リクエストがあったUSAコットンとレザーのバンクポーチ。

先日、TABASAさんに納品しました。

春なので、明るい色の組み合わせで。
a0182148_939353.jpg

中央の革タグには、最近入手したヴィンテージの刻印で、

A BANK FOR EVERYBODY

の文字が入っています。

アメリカのどこかの銀行で使われていたんでしょうか。



中は、仕切りが一つとカードなどの入るポケットが一つ。

通帳やカード、お札などが分けて入れられます。
a0182148_945994.jpg




そのほか、レザーフラワーとオーガンジーのコサージュ、

メタルフラワーとパールのネックレス、天然石のクロシェイヤリングなどを納品しています。

お近くにお越しの際は、ぜひのぞいてみてくださいね。
[PR]
by saksakdoh | 2013-03-22 09:55 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(2)

がま口その3

がま口づいて、また違うパターンでつくってみました。

編み物、刺しゅう、アップリケで、これでもか、とデコる。

アンティーク風な仕上がりで、至極気に入っておりまする。
a0182148_943251.jpg

a0182148_946497.jpg
つくっていて、楽しかったのは間違いありません。

マチに使用した、渋いメタリックな革がいいんです。

あんまり大きな革ではないんですが、また主役で使ってみたいと思っています。
[PR]
by saksakdoh | 2013-01-19 09:50 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(2)

ウールのがま口その2

今朝、グレン・ミラーの「In The Mood」を鼻歌で歌いながら、

あらぬ方向に目を向けて、つくりたいものをイロイロ妄想していたら、家族に、

「ものすごく暇そう」と言われました。015.gif

そうですか、そんなふうに見えるんですね。

頭の中は超高速で3D画像が行きかっているというのに…。

あ、でも、いつも暇そうなのに、いつしかなんか出来上がっている、というのもありかな~…。





お話は変わって、いつも人気の赤茶色のウールツイード。

以前友人にいただいたものですが、

質感がハリスツイードなのでは?と思わせるハイクォリティー。

残念ながらハリスツイードかどうかはわからないとのことですが、

この生地でつくるものは、いつも必ずどなたかのもとにもらわれていくのです。

なにか、人を引きつける魅力のある生地のようです。

そんなウールツイードを使って、二つ、がま口をつくってみました。
a0182148_92242.jpg

横からみると、こんなぷっくり加減。
a0182148_923813.jpg

大きい方は口金の幅が15cmあるので、持ち手をつけてもよさそうです。
[PR]
by saksakdoh | 2013-01-11 09:43 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

ウールのがま口

昨年から、がま口のポーチやポシェットのリクエストをいただく機会が増えました。

最初は慣れなくて四苦八苦していましたが、

最近では、素材や厚みによって、型紙や縫い代をどのように変えればいいのか、

だんだんとわかるようになってきました。



今までは革素材のものを主につくってきたのですが、

ここ最近、厚手のウール素材でのオーダーが続き、

「おお~、ウールのがま口ってほっこりしてかわい~」と思いましたので、

自分でもいろいろ試してみたくなりました。

型紙を新たに作り直して、

ふくらみを出すためのダーツの位置・大きさも数種類のパターンで試作中。

まず第一作目。

片面はこれで、
a0182148_936285.jpg
もう片面はこれ
a0182148_9361457.jpg


小さな面積の生地も、はではでな色の生地も、もれなく可愛く仕上がります。

編み貯めていた小さな手編みのレースモチーフも日の目を見ました。



手に持った感じがものすごくしっくりきて、用もないのに何度も手に持ってみてます(笑)。

いろんな厚手ウールを出してきて、組み合わせを考えるのも楽しい作業。
[PR]
by saksakdoh | 2013-01-10 09:47 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

レザーがま口ポシェットなど

お知らせするのが遅くなってしまいましたが、先週内田屋さんに納品しております。

レザーのがま口やそれに革の丸ひもをつけたポシェットなど。
a0182148_20585222.jpg
a0182148_20591067.jpg


中はカラフルなUSAや日本のコットンプリント。
a0182148_210659.jpg



そのほか、マットなシルバーやゴールドに淡いピンクやブルーを加えたコードネックレス、

ひっかからないネックレス」夏バージョン。

夏バージョンだから「汗に強いネックレス」としましょうか。
a0182148_2122016.jpg
a0182148_2123285.jpg

金具を使っていないので、とても軽いです。

ほかにも、天然石やビーズクロシェのアクセサリー、「ぷっくりこ」などを納品しております。

内田屋さんには、最近買い付けに行かれたバリの素敵な雑貨・かごバッグや、お洋服、

すっきりシンプルで味わいのある食器などもたくさんありました。

ぜひお立ち寄りください。



それから、東日本大震災義援金のご報告です。

ご協力くださいました皆さま、本当にありがとうございました。


[PR]
by saksakdoh | 2012-08-11 21:28 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

ラウンドファスナー派? それとも…

少し前の話になりますが、以前にオーダーいただいていたラウンドファスナーの長財布、

シボのある渋いオイルヌメ革で仕上げました。
a0182148_14122530.jpg


中は、試作と同じくポケットのたくさんある仕様。
a0182148_14135941.jpg


息を止めて縫ってました(笑)。




同じオイルヌメ革でオーダーいただいていたショルダーバッグも。
a0182148_14164931.jpg

シボのある端っこをそのままかぶせに使用して、ワイルドな仕上がりです。

どちらも使い込んでいただくとますます味が出てくることでしょう。




ラウンドファスナーのお財布は、確かに見た目や持った感じがすっきりしていますね。

手に持っていると、なんだか気分がイイです。

颯爽とお買い物できそうな気分になるんですね。

中身を厳選して、かっこよく持ちたいお財布です。



でも、私のように、通帳もカードもレシートも…と盛りだくさんになる人には、

中身が増えてもそれなりに膨らんでいってくれる、こちらの形がおススメです。
a0182148_14241020.jpg




お財布は人によって使い方が微妙に違うので、

使い方に合わせてつくりをさまざまに工夫する余地があります。

でも細かいパーツが多く、ひとつひとつのサイズ決めや縫い合わせも一苦労なので、

なかなかにとっつきにくい分野ではありますけど。
[PR]
by saksakdoh | 2012-08-10 14:43 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

昆布と苔

みたいに仕上がったこれ。
a0182148_17344832.jpg

洗いをかけて、絞って、もとの革とはずいぶん違う感じになりました。

姫路のタンナーさんでいただいたものをいじって、

今、ワイルドかつガーリーなバッグに変身中。

はじめに素材ありき、で、それからその素材でなにをどうつくるか、

という手順もなかなか楽しいです。





少し前につくっていた小さなお花。
a0182148_17461490.jpg

レザーアジサイの3分の2の直径。

てことは、面積は9分の4。

ただいま待機中です。
[PR]
by saksakdoh | 2012-06-25 17:54 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

がま口ポシェットとラウンドファスナーの長財布

前々回のブログでご紹介したがま口と、アクセサリーをいくつか、

TABASAさんに納品しておりますので、またお越しの際にご覧いただけるとうれしいです。

ちなみに、検討中だったがま口、レザーのリボンをつけて、こんなふうになりました。
a0182148_101561.jpg
ちょいとお嬢様風情です(?)。





それから、内田屋さんに追加で納品したがま口ポシェットをご紹介。

a0182148_9543942.jpg
a0182148_9545331.jpg
a0182148_955692.jpg


3種類あります。

16cmの大き目がま口で、中はレザーのポケットが二つ。

内布はしっかりしたきなりのデニムです。

どうぞよろしくお願いいたします。





ずいぶん前からいただいていた宿題
a0182148_1043957.jpg
こんな内部構造のラウンドファスナー長財布。

構造は把握しましたので、ただいま練習中。

きれいな仕上がりになるといいんですが…。
[PR]
by saksakdoh | 2012-05-11 10:12 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

ガマグチ克服?

大型連休も終わりましたが、皆さまいかがお過ごしでしたか?

なんだか思いもかけない気象状況で、被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。




我が家は家族のお休みがなかなか一致せず、普段とあまり変わらない日々でした。

映画を見に行ったのがお休みらしいといえばお休みらしかったかなー。

連休中早起きの日が多かったので、もろもろの作業がはかどりました。



今までにもいくつかつくってはいましたが、この連休には、日々、がま口に取り組んでおりました。

型紙づくりから始まって、仕上がり具合を見て調整、の繰り返しで、だいぶコツがつかめてきました。

やっぱり数多くつくってみるしかないのね…。



きれいな色の革でこんなのや、
a0182148_15154644.jpg

a0182148_15172337.jpg


ワイルドなシボのある革で
a0182148_15164329.jpg

a0182148_15174013.jpg


少し大き目のも
a0182148_15204439.jpg
a0182148_15205749.jpg


一番下のは、これはこれでシンプルで好きですけども、もう少し何かつけるか、検討中。




そのほかにも、リクエストがあった、

ポシェットとして使える大きめのものもいくつかつくっております。

また改めてご紹介したいと思います。




それから、ご報告です。

tick.tock-Repos-さんでの東日本大震災義援金商品の売上を、福島県災害対策本部へ送金いたしました。

ご協力くださいました皆さま、本当にありがとうございました。


[PR]
by saksakdoh | 2012-05-09 15:37 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)

革ボタンづくりは結構な力仕事でした

a0182148_045257.jpg


前々からつくりたいな~と思っていた革ボタン。

tick.tock-Repos-さんに前回納品のとき、かわいい竹素材のボタンがあったのを見て、

「私も革でボタンをつくりたいと思っていたんですよ」というお話をしたら、

「ぜひつくってください」と言ってくださったので、気を良くして挑戦。



でも、型抜きをして穴を開けただけでは、お店によくある普通の革ボタンになってしまう…。

そこで、もっと味わいあるボタンにするために、ひと手間かけることに。



まずは槌目加工。

今まではアクセサリー用のプレートとかブレスレットとかバッグの持ち手などにはしてきたけど、

小さなボタンにはどうかなあ…。

表面積が小さいから、槌目があまり目立たないのでは…。

ということで、槌目加工のあと表面を磨いて、凸部分に少し光沢を加え、凹部分とのコントラストが出るようにしてみました。

その結果、彫刻刀で彫り出した木彫りのボタンみたいに、味わいある革ボタンが出来上がりました。



表面を磨くだけでは物足りなくて、大きいものはヘリ落としをしてフチも磨いたり。

なんかいじくりたくなって、ついつい…笑。

ドットの型押しとかステッチ模様を入れたりして、少々遊んだものも。



直径9mm~10mmほどの小さいボタンには洗いをかけて手揉み加工。

槌目加工のハートのプレートも少し。

こちらはボタンではなくて、小さなホールが一つ開けてありますので、

アクセサリーのパーツとして使えます。



厚みのある革をぐいぐい切ったりガンガン叩いたり、ごしごし磨いたり、ぎゅっぎゅっと揉んだり、

やってみると結構な力仕事でした。



その他もろもろとともに、tick.tock-Repos-さんに納品いたします。

ハンドメイドのお役に立てればうれしいです。
[PR]
by saksakdoh | 2012-04-27 01:19 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)