カテゴリ:ハンドメイド アクセサリー( 122 )

クリスマスっぽいアクセサリー

今日は、クリスマスっぽいアクセサリーをご紹介したいと思います。

まず最初は、ネックレス。

手編みのレースドイリーにビーズ刺しゅうをしたトップと、

グリーンアベンチュリンという石をレース糸で編みつないだネック部分との組み合わせ。

アンティークゴールドの大きめのクロスを合わせています。

全体はたしか70~80cmぐらいはあったような・・・すみませんが記憶が曖昧です。

セーターの時期に、頭からすっぽりとつけたりはずしたりできる使いやすい長さです。

もちろんレース糸がベースなので、夏もOK。
a0182148_11511277.jpg

こちらは内田屋さんでお取り扱い中です。



次にご紹介するのは、ふわふわの手編みのシュシュとリボンブローチがセットになった

ドレスアップシュシュブレス

メタリックな輝きのサテン地のリボンにはビーズ刺しゅうを施しています。

シュシュですが、手首にブレスレットとして着けると気分がとっても華やかに。

黒っぽいお洋服のときにはとくにコーディネイトのポイントになると思います。

もちろんシュシュとブローチを別々に使うこともできますので、

いろいろ楽しんでいただけるのではないでしょうか。
a0182148_1204188.jpg

こちらはTABASAさんでお取り扱い中。



リボンモチーフは、ときどきとても作りたくなります。

小さなものも、大きなものも、

きらきらしたものも、革やツイードのように渋いものも、

どれもみんな素敵に思える・・・。

世界中のデザイナーたちも毎年いろんなリボンモチーフを生み出していますよね。

どうしてなんだろう?

リボンのかたちって、好きになるようにインプットされているんだろうか?

プレゼントにリボンをかけるのはなぜ?

リボンにまつわるいろんな???

どなたかご存知の方は教えてくださいな。
[PR]
by saksakdoh | 2010-12-24 12:17 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

編み物系アクセサリー

編み物大好き!

ひところはセーターやカーディガンなどをよく編んでいました。

今は大物はほとんど作りませんが、編み物はずっと好きなまま。

最近は、レース糸に天然石やガラスビーズを編みこんだ、繊細なアクセサリーが気に入っています。

金属アレルギーの人にも大丈夫だし、セーターの季節でも金属部分が引っかかったりしないし、

細い糸でも、編んでいるのでとっても丈夫。

そして何より軽い!

肩こりや首こりになりやすい人には特におすすめです。


下の写真は、リバーストーンという石を編みこんでボール状にしたもの。
フロスト加工というつや消しの加工がしてある石なので、とってもナチュラルな感じに仕上がりました。
a0182148_1118012.jpg

なにかの実みたい。
これはネックレスのトップになって、どなたかのお手元に。



次の写真は、レース糸で淡水パールを編みこんだピアス。

小さな樹脂のリングの周りをぐるっとレース糸で編みくるんでいますが、

パールを一部分に集めて編みこんでいるのがポイント。

そのほうが光が集まって印象的な気がしたから。
a0182148_1123236.jpg

こちらはDUEさんでお取り扱い中です。


天然石やパールはホールの小さいものが多いので

細いレース糸でもなかなか通らないことが多く、

全部が全部編みこめるとは限らないのですが、

ガラスビーズは比較的大きめのホールのものが多いので

レース糸だけでなくいろいろな糸を通すことができます。

ゴールドやシルバーなど光る素材の糸を使えば、

金属のチェーンを使ったような見た目でありながら軽い仕上がりになります。

いろいろ試してみる余地ありですね。
[PR]
by saksakdoh | 2010-12-22 11:53 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)