カテゴリ:ハンドメイド アクセサリー( 131 )

内田屋さんへの納品

明日、内田屋さんにアクセサリーを納品予定です。

そのうちのいくつかをご紹介します。

a0182148_1145083.jpg
a0182148_11451898.jpg
a0182148_11453352.jpg


ネックレス、ピアス、イヤリングなど。

2月の誕生石アメジストや3月の誕生石アクアマリンを使ったものは、お誕生日プレゼントにもいいかと思います。





画像の中で、シルクコードで石を留めつけているものを少しアップでご紹介。
a0182148_115079.jpg

こちらは、天然石のイエロージェイド、オリーブジェイド、グリーンジェイド、ぺリドットジェイド、ムーンストーンを使っています。

ロングネックレスでも軽くするため、さらに加えたものはグリーンのウッドビーズ。

全体にはグリーン系の色味ですが、重い印象にならないように、クリーム色と、黄色みがかった淡いグリーン、

それにムーンストーンの乳白色を加え、動きが出るよう、2種類の留め方で、石をつないでいます。

2連でも1連でも、またゴールドやパールのネックレスとの重ねづけも素敵。

コットンや麻の白いシャツ、あるいは逆に黒やダークブラウンのセーターなどにも合いそうです。





a0182148_1241593.jpg

こちらはピンク系の柔らかな雰囲気のロングネックレス。

シルバー925のパーツを使用しているため、そのイメージをこわさず、

さらにピンクにもよく合うように、グレーのシルクコードで石をつなぎました。

使用したのは、大粒のローズクォーツタンブル、ピンクオパール、うっすらピンクに染めたキューブのハウライト、マザーオブパール、

軽さを出すためのウッドビーズ、シルバー925のパーツ、そしてシルバーのメタルビーズとガラスビーズです。

こちらも2連、1連両方OKの長さ、パールのロングネックレスとの相性はばっちり。

シルバーグレーのカシミアセーターなんかと合わせて上品に仕上げる王道のコーディネイト以外にも、

じゃらじゃらネックレスやたくさんのブローチに添えて、あえてポップにキッチュに味付けしてみても面白そう。






よく、「自分の持っている洋服には合わないから」とか「これを着けていくようなところには行かないから」と、

アクセサリーやバッグ、帽子、靴などの小物を買うのを躊躇することがありますよね。

でももしかしたらそれは逆で、先に小物ありき、で考える方がいいのかも。

気に入った小物、今日の気分の小物をまずコーディネイトの主軸に据えて、

それからそれに合う洋服や全体の雰囲気をつくりあげていく…。

そうしたら気分もそれに見合ったものになって、普段行こうと思わないようなところに出かけていく気になって、

そして、普通なら会えないようなひとに会えたりする…。

案外新しい出会いとか新しい経験って、そんなほんの小さな「さかさま」から生まれるのかも。
[PR]
by saksakdoh | 2011-02-01 12:44 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

クロシェネックレスとレザーとコットンリネンキルトのトートバッグ

先日つくったこのパーツ
a0182148_1453261.jpg



こうなりました。
a0182148_146182.jpg




レザーとコットンリネンキルトの2wayトートバッグは、マチたっぷり。

レザーの外ポケットもついていて機能的。
a0182148_1482443.jpg




両脇にあるレザー部分のホックを留めると
a0182148_1494015.jpg



こんなふうに、ころん、とした形になって、かわいいです。
a0182148_14102745.jpg



底部分は全体にレザーを縫い付けているので、しっかりしています。

春にお似合い、手編みのレースモチーフとメタルのバッグチャームもついています。
a0182148_14112784.jpg



オイルのしみこんだしっとり味わい深いブラウンのヌメ革と、

大きめシュリンクのちょっとワイルドなダークブラウンの2色展開。

季節を問わず使える素材、日常で使いやすい形と大きさです。

また納品のときにはこちらでお知らせしたいと思います。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-27 14:36 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

リボン、リボン、リボン

風の強い寒い1日。

こんな日にセンター試験…。

受験生の皆さんのがんばりが、良い結果につながりますように。





がんばってる若者たちには申し訳ないけど、私はぬくぬくおうちでハンドメイド。

今日はリボンモチーフに取り組んでみました。

別にとくに何の変哲もない、ごくノーマルなレザーのリボンモチーフ。




a0182148_2151433.jpg

上の写真は、少しくすんだ柔らかいピンクのしわ加工のレザーでつくったもの。

ストライプのリボンを合わせて、ブローチにしてみました。







a0182148_21591234.jpg

こちらは、味のあるヌメ革とスワロのヴィンテージパーツでつくりかけたリボン。

何にするか、これから何をくっつけるか、まだ考え中。

ヴィンテージパーツがキラキラしてとってもきれいなので、シンプルな方がいいかな、と思ったり。





しかし、リボンって、シンプルな構造のわりに奥が深い。

リボンの形にするためにいろいろ素材をいじっていると、

幅や長さの違い、ギャザーやタックの取り方の違い、

裏側の部分の引っ張り具合や幅の違いなど、ちょっとしたことで

できあがりのイメージがずいぶん変わってきます。

リボンモチーフひとつとってみても、妥協せず、イメージ通りのかたちになるまで

試作を繰り返すという姿勢を忘れてはいけない、と強く思ったことでありました。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-15 22:45 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

TABASAさんに納品します

昨日の「えんとつ付き編みぐるみ石ペーパーウェイト」(レザーアジサイ付き)と…

って、いや~、何べん見てもかわいくないネーミング(笑)。

「あみあみ石ころん」とか「石まるこ」とか「ずっしりっち」とか

何か名前をつけてやらなくちゃ。






それから、レザーアジサイとレースのコサージュ
a0182148_11344389.jpg
 
これから卒業、入学・入園の時期、こんなのもいいな、と思ってくださる方がいらっしゃったら

うれしいです。





それと、ネックレス
a0182148_11402662.jpg
 
いちばん左はラブラドライト。こんにゃくの透き通ったような薄いグレーの石ですが、

ブルー、グリーン、イエローのシラーが浮かび上がる、一見地味なのにクールにキラリと光る

かっこいい石です。

細い細いメタリックシルバーの糸で、ツイストフープに編みつけています。

少しラフな感じを出したかったので、銀古美の長めのチェーンで。

ダークブラウンのシェルのクロスをプラスしています。

男性にも女性にも使っていただけるデザインだと思います。



中央は、きれいなロゼワイン色のロードライトガーネット。

1月の誕生石です。

こちらも細い細いメタリックシルバーの糸でフープに編みつけています。

こちらは40cmのチェーンでやや繊細な雰囲気に。



右のはメタルの透かしパーツに、まったりした色合いのチェコシードビーズを

やはり細い細いメタリックゴールドの糸で編みつけています。

ミントのような薄いグリーンに、やや黄色みの強いゴールドの糸と、金古美のパーツの色合わせが

ちょっとアンティーク風な風情です。

これだけではちょっとさびしいので、とってもきれいな、照りのあるしずく型の淡水パールを

ポイントにしてみました。



今日の午後には納品に伺う予定です。

もしよろしければ、お手にとってご覧くださいね。

どうぞよろしくお願いいたします。






P.S.名前は「あみころ」にしました。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-07 12:08 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

ネックレスになりました

昨日の「レースとパール」の手編みモチーフが、ネックレスになりました。
a0182148_1431348.jpg

アンティークゴールドのチャームをプラスして。

トップがみぞおちあたりまでくる長さです。

シンプルなシャツやセーターに着けたら、上品カジュアルな感じになりそう。










ほかにも、こんなのや
a0182148_14354215.jpg





こんなのが、できてます。
a0182148_14363873.jpg




どんなものに変身させようか、ただいま考え中。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-04 14:39 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

レース糸とパールのアクセサリー

a0182148_15492599.jpg

楕円形のシェルに、レース糸で淡水パールを編みつけてみました。

パールのないところは小さなフリル。

少し長めのネックレスのトップにする予定。







a0182148_1552106.jpg

丸小ビーズを、レース糸でぐるぐるのらせん状に編んでいます。

メタルビーズと一緒にして、ネックレスに。

こちらはDUEさんでお取り扱い中です。





きなりとゴールドの組み合わせ、上品でやっぱり大好きです。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-03 16:02 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

ラリエット

ラリエットって、なかなか便利。

長いまま垂らしたり、ぐるぐる何重にも巻いてチョーカーのように使ったり。

腕に巻けばブレスレットになるし、バッグチャームにも。

長~いものだったら、ベルトにもなるし。

だけどどういうわけだか、ネックレスに比べて作る機会が少ないような気がします。



a0182148_13434429.jpg

これは、スワロフスキーと丸小ビーズを、レース糸で編みこんだラリエット。

キラキラ感がちょっと繊細で、華奢なおもむき。





a0182148_13462464.jpg

こちらはリバーストーンという薄いベージュの天然石を、きなりのレース糸で編みつないだもの。

薄くベージュがかったレザーのアジサイのお花をところどころに留めつけてアクセントにしており、

とってもナチュラルな感じに仕上がっています。






よ~く考えたら、ラリエットはネックレスに比べてはるかに長いです。

だから当然、編んで作るのは大変です。

(あんまり作らないわけだ。)

でも、なんだかいろいろ作りたくなってきました。

春にぴったりのラリエット、頭の中ではすでに構想(空想?妄想?)が始まっています。



もしどこかで作作堂のラリエットを見かけられましたら、

どうぞいろいろ巻いて試してみてくださいね。
[PR]
by saksakdoh | 2010-12-30 14:18 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

レザーのアクセサリー

大好きな素材の一つに革があります。

それも、しわ加工がしてあったり、表面を少しこすってマットな感じに

仕上げてあったり、シボがあってでこぼこしていたり、

ちょっと表情のあるもの。

水でぬらすとやわらかくなって、形が変えられるものなら、なおさら。




a0182148_9553486.jpg

上の写真のダークブラウンの部分は、オイルのたっぷりしみ込んだヌメ革を

しずく型に切り抜いて水でぬらし、槌目加工したものです。

そのままでも十分に雰囲気のある革ですが、この加工をしたおかげで

表情のあるプレートになりました。

合わせているのは、細いワイヤーのメッシュをリーフの形にしたものと

シトリンのリーフカット。

ごつい感じのレザープレートが土台ですが、

全体の印象はむしろ繊細寄り。

なにげないシンプルなシャツやセーターに合わせると

大人のきれいめカジュアル感が出せそうな気がします。

こちらはいくつかのパターンをDUEさんでお取り扱いいただいています。






a0182148_10161658.jpg

こちらはオフホワイトのしわ加工のレザーをお花の形にしたものと

レースなどを組み合わせ、コサージュにしたもの。

このままでもボリュームのあるものでしたが、

お客様のご希望で、さらにレースなどでボリュームアップし、

ヘッドドレスとして、おめでたい日にお使いいただけることになりました。

幸せな日のお手伝いをさせていただいて、本当にうれしく思っています。





少し前に、白い革をローズヒップティーで染めてみました。

1回目は淡いベージュに、2回目はほんのり桜色に染まりました。

同じ革でも同じようには染まらないのがおもしろいですね。

染めムラもできて、なかなか味わい深いです。

いずれほかの色にも挑戦してみようと思っています。
[PR]
by saksakdoh | 2010-12-27 10:38 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(2)

キラキラのアクセサリー

a0182148_1163992.jpg
上の写真は、小さなガラスビーズ(丸小)をレース糸で編みつないだネックレスたち。

あらかじめ必要な個数をレース糸に通しておいて、模様編みをしていきます。

頭の中で出来上がりを予想しながら編んでみますが、

ある程度編み進んでみないと全体像はわかりづらいので、

試作段階では何度も編んではほどき、ほどいては編み、の繰り返し。

やっとこれだ!と思う形に仕上がったときは本当にうれしい!

自分で作る楽しみとはそこにあるんでしょうね。

ビーズだけだとちょっとさみしい気がしたので、

神戸のロロさんで見つけた、小さなキラキラカット入りのクロスをプラス。

私としてはとても気に入ったデザインになりました。

こちらは内田屋さんで気に入ってくださった方のお手元に。




a0182148_1025376.jpg

この美しい宝石は、本当に宝石と呼んでいいぐらいのクォリティの石たちで、

コロンビア産のエメラルドと、アクアマリンの、大変希少なブリオレットカットです。

このような宝石質のエメラルドで、ビーズとしてホールがある形になっているものは珍しく、

ほとんどはルースとして加工されるものが多いようです。

ある方からネックレスに仕立ててほしいとご依頼を受けて制作したもので、

石の雰囲気に合わせて、シルバー925の繊細なチェーンとワイヤーを使い、

メガネ留めでていねいにていねいにつなぎました。

センターで石たちが葡萄の房のように揺れる、エレガントな仕上がりになりました。

現在、とくにこのような品質のエメラルドは大変手に入りにくくなっているようです。




アクセサリーの制作で、わたしが好んで使うのは天然石やパールですが、

実は子供のころから石そのものが大好きでした。

空き地や家の周りの小さな道には、いろんな石がごろごろと落ちていました。

きらきらの水晶(石英)や雲母、まるで金かと思うような黄鉄鉱、赤茶色にオリーブ色の

縞模様がきれいなチャートなど、図鑑で名前を調べたりするのも楽しみでした。

ずいぶん長い間、大きな空き缶にコレクションしていました。懐かしい!

趣味を同じくする方と出会った覚えはあまりありませんが、

NHKの「おじゃる丸」に出てくる準主役の男の子が、いつもリュックに石を集めているのを見て、

なんだかうれしくなったのを思い出しました。
[PR]
by saksakdoh | 2010-12-26 11:03 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

クリスマスっぽいアクセサリー

今日は、クリスマスっぽいアクセサリーをご紹介したいと思います。

まず最初は、ネックレス。

手編みのレースドイリーにビーズ刺しゅうをしたトップと、

グリーンアベンチュリンという石をレース糸で編みつないだネック部分との組み合わせ。

アンティークゴールドの大きめのクロスを合わせています。

全体はたしか70~80cmぐらいはあったような・・・すみませんが記憶が曖昧です。

セーターの時期に、頭からすっぽりとつけたりはずしたりできる使いやすい長さです。

もちろんレース糸がベースなので、夏もOK。
a0182148_11511277.jpg

こちらは内田屋さんでお取り扱い中です。



次にご紹介するのは、ふわふわの手編みのシュシュとリボンブローチがセットになった

ドレスアップシュシュブレス

メタリックな輝きのサテン地のリボンにはビーズ刺しゅうを施しています。

シュシュですが、手首にブレスレットとして着けると気分がとっても華やかに。

黒っぽいお洋服のときにはとくにコーディネイトのポイントになると思います。

もちろんシュシュとブローチを別々に使うこともできますので、

いろいろ楽しんでいただけるのではないでしょうか。
a0182148_1204188.jpg

こちらはTABASAさんでお取り扱い中。



リボンモチーフは、ときどきとても作りたくなります。

小さなものも、大きなものも、

きらきらしたものも、革やツイードのように渋いものも、

どれもみんな素敵に思える・・・。

世界中のデザイナーたちも毎年いろんなリボンモチーフを生み出していますよね。

どうしてなんだろう?

リボンのかたちって、好きになるようにインプットされているんだろうか?

プレゼントにリボンをかけるのはなぜ?

リボンにまつわるいろんな???

どなたかご存知の方は教えてくださいな。
[PR]
by saksakdoh | 2010-12-24 12:17 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)