カテゴリ:ハンドメイド バッグ( 235 )

オーダーのフルレザーショルダー

ふた付きのフルレザーショルダーバッグのオーダーをいただいていましたが、

やっとできました。
a0182148_21295676.jpg


ダークブラウンの、シボのきれいなしっとりした牛革。

弾力があり、触っていても気持ちいいです。
a0182148_21291100.jpg


外にはホック付きの大きなポケットと、ふたの内側にはファスナーポケット。

中はマチ付きとマチなしの大きなポケットが2つ、小さなポケットが1つ。

早速お渡しして、気に入っていただけました。



オーダーは、お渡しするまでいつもドキドキ。

パターンを引いて革をカットするまで、悩む悩む。

縫う順番でまた考える考える。

一針一針、丁寧に丁寧に。

気付くと息を止めていることもよくある。

思うものが出来上がった時には、本当にほっとします。
[PR]
by saksakdoh | 2011-08-22 21:40 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

レザーアップリケの帆布トート

8号帆布にグリーンのヌメ革でドットのアップリケを施したトートバッグです。
a0182148_1641479.jpg



底もグリーンのヌメ革。
a0182148_1654996.jpg


内布はきなりのデニム地で、かっちりと丈夫な仕上がり。

芯は貼っていませんが、自立します。

ポケットは内側に2個、マチ幅は10cm。




黄色の方は、どう見てもカボチャの配色です。おいしそう…。
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-31 16:11 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

大きめ2wayバッグ

縦シボのはっきり出たコットンダブルガーゼの質感を生かして、大きめのパッチワークにしたバッグ。
a0182148_8292335.jpg



持ち手は洗いをかけたヌメ革。

シャツの襟のような形に留めてみました。

ショルダーの方の持ち手は長さ調節可能。



底も洗いをかけたヌメ革。
a0182148_8315685.jpg



中には、ペットボトルが入るマチ付きのホルダー(ポケットでなく)と大きめのポケット、小さめのポケットがあります。



トルソーに持たせてみました。
a0182148_8351261.jpg


縦30cm、横40cm、マチ10cmほどで、かなり大きめです。
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-27 08:41 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

ごっつい帆布とヌメ革

ごっつい6号帆布と味のあるヌメ革で、ポケットたくさんのショルダーバッグをつくりました。

a0182148_23515048.jpg

持ち手の長さは調節可能。

脇に抱える長さからななめがけまでOKです。

マチは8cm、A4が縦にすっぽり余裕で入る大きさ。

中は
a0182148_23543848.jpg
こんな感じ。

ほかに
a0182148_053716.jpg


a0182148_2359506.jpg
の3色展開。

かなりがっちりしたつくりなので、ガンガン使っていただきたいバッグです。



この暑い夏、ペットボトルや水筒をバッグに入れてお出かけする機会も多いと思いますが、

専用のポケットがあるとやっぱり便利ですね。



このごっつい帆布とレザーの組み合わせで、ほかにもいろいろとつくっております。

また改めてご紹介したいと思います。
[PR]
by saksakdoh | 2011-07-14 00:21 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

色違いの4wayバッグ

以前つくったアッシュグリーンというかシャビーなミントグリーンというか…、

そういう色の4wayバッグの色違いをオーダーいただきました。

オーダーいただいた色と違う色ではありましたが、

気に入っていただけたようで、無事にお手元に。
a0182148_17145940.jpg
少し表面をこすってマットな感じに仕上げたヌメ革を使用しています。

使っていくうちに、さらに味わいが増してくることでしょう。

グリーン系の方も、一足お先に、気に入ってくださった方のもとへ旅立っております。

4wayバッグの姉妹たち、しっかりお役に立っておくれ。
[PR]
by saksakdoh | 2011-06-27 17:21 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

桜色のレザーとウォッシュドリネンのショルダーバッグ

しばらく前にオーダーいただいていたバッグ、やっとできました。

S.I さま、こんな感じですが、いかがでしょうか?
a0182148_9395441.jpg



気に入っていただけるといいのですが。
[PR]
by saksakdoh | 2011-06-13 09:43 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

夏鞄

イベントが終わり、ようやく、以前オーダーいただいていたものに取り掛かっています。

お待たせしてしまって申し訳ありません。




今日は、一昨年の夏、初めてDaisy Storeさんで個展をさせていただいたときのDMに使った「夏鞄」を。
a0182148_9584688.jpg

クロシェネックレスもくっついております。






こちらも同じ個展のときの作品です。
a0182148_1054448.jpg





どちらも気に入ってくださった方のお手元に。

この夏も、お役に立つことができるでしょうか。
[PR]
by saksakdoh | 2011-06-01 10:12 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

ニットポケットのバッグ

洗いをかけたふんわりした風合いのリネンバッグ、できました。
a0182148_1036236.jpg
ななめがけをしても、普通にショルダーとして持ってもちょうどいい長さ。

四角い布をたたんでダーツをとり、縫い合わせてみたら、思ったとおりコロンとしたかわいいかたちになりました。

底の方から見ると
a0182148_10591379.jpg
六角形をしています。

ポケットに使用した糸は、「黍の会(きびのかい)」のてらだたまみさんからいただいたインド藍染コットンリネン糸、

きなりのコットンスラブ糸、それにサンドベージュのリネンと細いコットンスラブ糸を撚り合わせたものの3種類。

とってもふんわりとした気持ちのいい手触りのポケットになりました。



a0182148_10433314.jpg
オイルヌメ革に槌目加工して洗いをかけたものと、イカリのチャームで、マリンな感じ。
[PR]
by saksakdoh | 2011-05-23 10:54 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

新作バッグ

a0182148_1525869.jpg
黒とサンドベージュのリネンの糸で、かごバッグを編みました。

硬い糸だったので、編むのはけっこう力仕事でした。

底と持ち手はオイルヌメ革、内布はリネン。

ドットの部分はいろんな色のヌメ革。それを麻糸で留めつけています。

留めつけた麻糸を切らずにフリンジのように残してみました。






a0182148_15162284.jpg
リバーシブルの2wayバッグ。

少し厚手のヒッコリーで、短い方の持ち手はダークブラウンのレザー。





もう一面はコッカのプリント地。
a0182148_15195573.jpg
反対側に表地と同じ生地でポケットをつけています。




バッグはきれいな色も地味な色も

シンプルで味があるものもデコラティブなものも

かっこいい系も可愛い系も、なんでも好き。

というか、いろんなテイストのものを節操なく(笑)つくりたくなります。

ここのところは、ドット、ストライプ、ボーダーあたりにそろえてはいるつもりなんですけど。

いつまた道草するか(笑)…。
[PR]
by saksakdoh | 2011-05-13 15:37 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

帆布ボーダーショルダー その3

a0182148_1392633.jpg
少し濃いめのブラウンのベルトをリメイクして使いました。

これも、艶が出て味のある風合いになっています。

かなりごっついベルトなので、取り付けるのは結構な力しごと。

made in Turkeyとなっていました。





ほかにも、やわらかい感じのボーダーを、生地を組み合わせて作ってみたい…。

バッグのかたちも、丸みを帯びたやさしい感じで。



頭の中で、いろんなイメージがぐるぐる、ぐるぐる。

色や形が浮かんではPCの3D画像のように向きを変え、バッグの幅や長さを変えてみたり、ボーダーの幅や色を変えてみたり。

…なんだ、PCの3D画像って、この頭の中のイメージを画面に再現したものなんだ!

今ごろ気付きました。




話は横道に逸れますが、中学・高校のころの数学、好きでしたか?

私は中学まではよくわかって楽しかったのに、高校になってからは急についていけなくなりました。

でも、なんか楽しそうなことをやってるな、という思いは常にあって、どうしても嫌いになれませんでした。

今、こんなふうにものづくりをしていると、数学がずいぶん役に立っていることに気付かされます。

特に図形のところなんか。

展開図は言うに及ばず。

「この図形は閉じている」とか「閉じていない」とかいうのがありましたよね。

中表に縫って表に返すとき、どことどこを重ねて縫うといいのか、縫う順番はどうしなければならないのか、

それはまさに、あの「閉じている、閉じていない」が関係しているのだ、とあるときひらめいたのでした。

私はバッグなどをつくるとき、本で作り方を見たりすることはほとんどありません。

いつも手探り、実験的。

自分で、自分なりのやり方を見つけるほうです。

だから、以前に知識として知ってはいたけど意味を持たなかったことが、突然、体験的に、意味を持つものに変貌するということ、

異なるジャンルのものが、突然意味を持って結びつくということ、

大げさかも知れませんが、そのことで、そういう回り道な自分の脳に多大なご褒美をもらった思いでした。



わからない数学の問題に何時間も何日も取り組んで、自分の思いつく限りのやり方を試してみて、

あるときとうとう答えが導き出せたときのあのどきどきする達成感。

あれも、今につながっている。

難しい数学の問題に取り組んでいるとき、「こんな問題解いたって、将来何の役にも立たないのに」なんて思ったこともありましたが、

あれは間違いでした。
[PR]
by saksakdoh | 2011-04-29 13:59 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)