カテゴリ:ハンドメイド バッグ( 204 )

外ポケットのあるバッグ

a0182148_1955719.jpg

バッグ柄がおもしろいコットンキャンバス地と黒のレザーのバッグ。

ポケットの内側は、黒に白のドット、白黒でまとめたバッグです。





a0182148_2001973.jpg

こちらは、ベージュに近いキャメル色のヌメ革を、ハンドステッチで。

少しギャザーを寄せて、柔らかい感じを出しています。





どちらも気に入ってくださった方のお手元に。





ポケットって、何に付いていても、とても魅力的。

大きくても小さくても、あるだけでうれしいし特別な感じがします。

いろんなポケットのバッグを、これからもつくっていきたいと思います。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-05 21:01 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

春バッグ

a0182148_17224717.jpg
まだまだ寒い冬の真っ最中なのに、

新年を迎えたら、

春の装いに心が向いてしまうのはなぜでしょう?

冬至を過ぎると、ほんの少し夜の来るのが遅くなって、

なんだか日差しもまぶしく感じられます。





上の写真のバッグは、とってもきれいな色合いのコットンプリントが、いかにも春、な感じ。

洗いをかけたナチュラルなヌメ革をかぶせにつかって、明るく柔らかなイメージに仕上げています。

写真では分かりにくいですが、底部分にも革を貼っているのでしっかりしています。

きれいなピンクやパキッとしたイエロー、元気なグリーンなんかのコットンのコートと合わせて

大きな歩幅で歩きたい感じ。

こちらはTABASAさんで、お気に召した方にお求めいただきました。







こちらは
a0182148_17402722.jpg

上の写真のバッグのかぶせと同じヌメ革の、オールレザーのバッグ。

やはり洗いをかけて揉んで、プリーツを入れて…と手をかけて生まれた子です。

Daisy Storeさんで見つけたヴィンテージの大きなボタンをアクセントに。

ナチュラルな色合いのバッグですが、ちょっとモードな雰囲気に仕上げたつもり。

思い通りの出来上がりになって、自分用にしようともくろんでいたのですが、

気に入ってくださった方がいらっしゃって、その方のお手元に。





自分がすごく気に入っているものを、欲しいと言っていただけるというのは、

本当に本当に、うれしく、幸せなことです。

自分が気に入ったデザインのものを、自分の手で創りだすことができる喜び、

それを欲しいと言ってくださる方がいらっしゃる喜び。

ものづくりって、うれしいことだらけですね。
[PR]
by saksakdoh | 2011-01-02 18:18 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

ニットのポケット

冬のバッグには、なにか暖かそうなものをくっつけたくなります。

手触りも見た目も暖かそうなもの、

たとえば毛糸のポンポンとかファーとかニットとか。

私が大好きなのは、手編みのニットのポケットやかぶせをつけること。

バッグ全部を手編みにするのって結構大変だし、

毛糸も思いのほかたくさん使って、バッグ自体が重くなってしまうこともあるんですよね。

その点、ポケットやかぶせだけなら気軽に作れるし、

編み物大好き人間の「編み物したい」欲求も満足させてくれます。



a0182148_14292070.jpg

こちらは昨年の冬のイベントに出品したもの。

少し落ち着いた赤のコットン起毛素材と、

チャコールグレイのウールストライプとのリバーシブルでした。

ポケットはグレーのツイード風のウールの糸を使って、縄編みとかのこ編みをメインに。

色が地味な分ちょっとかわいくしようと、細い革ひもでリボンをプラス。

たくらみどおり(笑)、「かわいい」と言ってもらえ、そうして貰われていきました。






a0182148_14462739.jpg

こちらはちょっと遊んで、左右のポケットの模様を変えてみました。

男性にも女性にもお使いいただける色・デザイン。

マチが広く、2way×リバーシブルの、最近よくお求めいただいている形です。

このバッグは「チクチク日和」で気に入ってくださったお客様のお手元に。





手編みのポケットは結構増産していて、まだ出番待ちのものがいくつか。

かっちり気味のやらモヘアのふわふわやら。

いつの日かバッグの表を華々しく飾る日を夢見て、作作堂の作業部屋で待機しております。
[PR]
by saksakdoh | 2010-12-28 15:47 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

こだわりのバッグ

いったい今までいくつのバッグを作ってきたことでしょう。

初めてイベントで販売したときは、私のメインの作品はバッグでした。

芯を貼ってかっちりさせたトートバッグをしばらくの間ずっと作っていましたが、

ここ数年は形もいろいろ、柔らかめのものが多いです。

パターンも自分であれこれ試行錯誤しながら作っているので、徐々にでも進歩はしてるかな。



下の写真のハーフショルダーバッグはしばらく前に制作したもの。

本体は3枚の布で構成されており、マチはないけれどややプックリした形に仕上がるよう、

カッティングを工夫しています。

リネン糸で編んだポケットとレザー使いがこだわりのデザインポイント。

少しきちんとした雰囲気を出したつもりです。
a0182148_1344193.jpg

こちらは、とあるイベントで、気に入ってくださった方のお手元に。



次のショルダーバッグは、現在私が愛用中のもの。

少し短めながらななめがけOKの長さなので、

買い物などのときはとても使いやすく、重宝しています。

こだわりは革と合わせた布使い。

革だけのものもシンプルで好きなのですが、色づかいのきれいなものも大好き。

倉敷のDaisy Storeさんで見つけたUSAヴィンテージファブリックを使用しました。

色といい、柄といい、「あっ、これ、いいっ」ととびついてしまったお気に入りの生地です。
a0182148_13192873.jpg

バッグ本体はシンプルな形ですが、革ひもで少しギャザーを寄せ、
持ち手には手縫いのステッチを入れて、既製品にはない感じに仕上げました。
これを持ち歩いている人間が、作作堂本人です(笑)。



バッグ作りは本当に好きな分野なので、いつもいつもデザインを考えています。

何か家事をしているときでも、ふと、宙に目を泳がせて、

頭の中でバッグの展開図やら布合わせを思い描いている私がいます。

・・・かぎりなく怪しい・・・。

こんなとき家族に話しかけられても、「・・・」

やっぱり、「いつもうわのそら」
[PR]
by saksakdoh | 2010-12-23 13:35 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(4)