カテゴリ:ハンドメイド バッグ( 234 )

小ぶりな巾着ショルダー

今年はあちこちでおしゃれな巾着型のバッグを見かけます。

作作堂も、いろんな革で小ぶりな巾着ショルダーをつくってみました。
a0182148_17341081.jpg







特にロウ引きのこの革が、どんなふうに変化していくか楽しみ。

使っていくうちに地色が出てきて、いい感じにムラが現れたり艶が出てきたりすることでしょう。
a0182148_17393219.jpg







カラフルなこの子も、冬のダークになりがちなお洋服のアクセントになりそうです。
a0182148_17423724.jpg



ひもは、長さ調節をすれば斜め掛けにも普通のショルダーにも手持ちにもなります。

口はマグネットホック留めで、ポケットが中に2個。

幅16㎝、マチ12㎝ほどで、小さく見えるわりには容量は結構あるのですが、長財布は入りません。

というわけで、ただいま小さいお財布も製作中。

身軽なお出かけも、たまにはいいものですよね。












[PR]
by saksakdoh | 2017-11-11 17:47 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

ふんわり丸っこいバッグを小脇に抱えて

「冬待ち 冬じたく」に向けてつくっています。

ふんわり柔らかな革で、脇に収まる丸っこいショルダーバッグ。

a0182148_14502206.jpg
グレーはイタリアのカーフスウェード、クリームイエローはロウ引きのカーフ、

グレープカラーの2つはシープスウェード。

ふっくらふんわり、手触りに癒される鞄たちができました。

ダーツを取っているので、底がコロンとふくらんでかわいいシルエットです。

ロウ引きカーフは、使っているうちに艶が増して色が濃くなっていくのも楽しみ。






反対側はファスナーポケットで、使い勝手よく仕上げています。

中にもオープンポケットが2つ。

一番広いところで、横幅38cmほどあるので、容量は結構あります。

そして、とにかく軽い!

a0182148_15040794.jpg
この画像にはありませんが、ファスナーの引手には革を付けています。

肌寒い季節のお出かけのお供にいかがでしょうか?



a0182148_07485126.png
a0182148_07490102.png





[PR]
by saksakdoh | 2017-11-10 15:06 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

「冬待ち 冬じたく」DMのトートバッグ

DMに登場しているバッグを少し詳しくご紹介したいと思います。

a0182148_07550451.jpg

こちらは、ワックスとオイルのたっぷり入ったブラウンの栃木レザー。

オイルによる焼けやプルアップした部分がムラとなっている味わいあるタンニンレザーで、

しっとりしています。

使うほどに色つやも変化していく楽しみな革。

実際の色はもう少し赤味の少ない落ち着いたブラウンです。

中はファスナーポケットが1個とオープンポケットが2個で、口はマグネットホック。

A4が縦に入る大きさで、持ち手は肩にかけられる長さ。

薄手の芯を貼っていますので、ややしっかり目に仕上がっています。







a0182148_07544904.jpg

こちらは、自然なシボが味わいのあるイタリアンカーフ。

少し落ち着いた赤で、アクセントになるけれど派手過ぎない、といったところでしょうか。

革自体には少しプルンとした質感があります(手でつまんでみていただくとわかります)。

仕様や大きさは上のブラウンのバッグと同様です。





横長のバッグは底が浅く中のものが見渡せて取り出しやすく、

縦長のバッグは体の幅に収まって、人の多い場所に出かけるときも邪魔にならないという利点があります。

それぞれお好みに合わせてご希望をお伺いすることもできますので、

内田屋さんで楽しく迷って選んでいただければと思います。

a0182148_07485126.png
a0182148_07490102.png



[PR]
by saksakdoh | 2017-11-03 08:00 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

ウォッシュドリネンにレザーの大きめドットをアップリケ 新色

「冬待ち 冬じたく」に向けて少しずつですが製作を進めています。

以前から季節を問わずリクエストいただいているドットのざっくりしたショルダーバッグ、

ドットの色を変えてみました。

新色のブルーグレーと、グレープのスウェード。

内側にオープンポケットが5個、マグネットホックで、短めの斜め掛けにもなります。

自転車に乗られる方にも使いやすい形だと思います。
a0182148_15323258.jpg
a0182148_15323826.jpg




以前につくった黒のドットのバッグと3人兄弟です。
a0182148_15325854.jpg


[PR]
by saksakdoh | 2017-10-31 15:38 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

DM写真撮影

次の内田屋さんでのイベントに向けて、DM用の写真を撮影しました。

カバン展が終わってから1週間あまり、なかなか次の準備に取りかかれないでいましたが

ようやくレザートートが2点できました。

内田屋さんで、今までで一番ご好評いただいたかたちを、

今年はきれいな赤のイタリアンキップと、オイルたっぷりで味わいあるムラが素敵な栃木レザーで。
a0182148_09091182.jpg

中はファスナーポケットが1個と、オープンポケットが2個。

口はマグネットホックで、A4が縦に入る大きさ。

持ち手は肩にかけられる長さ。

カスタムオーダーを承りますので、持ち手の長さやポケットの仕様などは変更できます。

11月21日(火)スタートですのであと1か月ほどしかありませんが、

できるだけたくさん、新作もご用意したいと思います。



その前に、まずDM印刷のデータを作成しなくては…(汗)

がんばります。










[PR]
by saksakdoh | 2017-10-20 09:14 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

イタリアンキップの赤いハンドバッグ 着せ替えもできます

もう一つ、フリンジのとデザイン違いで製作中だったバッグが

ようやく出来上がりました。

同素材の大きなバックルと太いベルトがついたデザインなのですが、

いろいろ迷った末、着せ替えタイプにいたしました。

a0182148_11424076.jpg
USAヴィンテージの花柄だけど甘すぎない生地が雰囲気にぴったり。

リボンのような、チョウのようなイメージです。





バックルにタックを寄せて挟んでいるだけなので、取り外せばシンプルに。
a0182148_11453839.jpg
柔らかいイメージにしたかったので、革に芯を貼らず

その代わりに内布に芯を貼って、外観柔らかめ、中はしっかりな仕上げです。





お手持ちのスカーフなどで、こんな風に着せ替えしていただくこともできます。
a0182148_11480785.jpg
あ、ちょっと、いえ、かなり適当だった…笑。

バックルの内寸は縦7㎝ありますので、かなりボリュームのあるものも通すことができます。

こちらはカバンワンダーランドでお披露目できたらいいな、と思っております。



a0182148_19283864.jpg
a0182148_19295415.jpg

[PR]
by saksakdoh | 2017-09-19 11:58 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

イタリアンキップの赤いバッグ

この秋冬にぜひ、と思っていた赤いバッグを

ワックスとオイルの入ったイタリアンキップでつくりました。

オイルが入っているせいか、ややボルドー寄りの落ち着いた赤。

内布はヒッコリーデニムで、オープンポケットが2個、口はマグネット仕様です。

a0182148_13422115.jpg
端っこのラインが不規則なフリンジとゴールドのビットで、ガーリーな仕上がり。

やっぱりこんなデザインのブーティかパンプスが欲しくなります。



こちらはカバン展「カバンワンダーランドⅥ」でお披露目します。

あともうひとつ、同じ赤のイタリアンキップでデザイン違いを制作中。

カバンワンダーランドのインスタグラムはこちら

作作堂のインスタグラムはこちらです。















[PR]
by saksakdoh | 2017-09-15 13:47 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

フランスヴィンテージの刺しゅうモチーフハンドバッグ

少し前に、一目ぼれして手に入れた、フランスヴィンテージ刺しゅうモチーフ。

チュールレースの上にゴージャスな模様が刺しゅうされている、

というか、ベロア生地がアップリケされている、かなり大きなもの。

何にどんなふうに使おうか思案していましたが、急に考えがまとまったので、

カバン展の準備中にもかかわらずとりかかってしまいました。

善は急げ! やる気のあるうちに!



a0182148_22054063.jpg
a0182148_22060556.jpg

かなり厚手の2重織のウール地に、チクチクアウトラインをなぞって縫い留め、

一部のチュールをカットして、刺繍部分を際立たせました。

持ち手はゴールド箔のゴートレザー、底鋲をつけました。



中はファスナーポケットが一つとオープンポケットが2つ。

底板を内蔵しています。

芯も貼っていますので、ふわふわだけどしっかり。



ちょっと困ったのは、モチーフが微妙に左右対称でないこと。

よくよく見るとお分かりかと思いますが…。

そこのところはご了承くださいませ。









[PR]
by saksakdoh | 2017-09-12 22:15 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

フランスビンテージのダマスクベルベット

カットだけは済んで待機中だった、丸い2wayバッグの方が先にできてしまった…。

ゴールドのカシメとかビットとか、何か飾りをつけたい気もするけど、

フランスヴィンテージのダマスクベルベットが素敵なので

柄を隠したくなくて、今のところ何もつけていません。

飾りといえるのは、ファスナー引手につけたタッセルだけ。

a0182148_21015093.jpg





ぐるりとマチに合わせたのは、ワックスの入ったイタリアンキップ。

ムラがあって、しかも透明感があって、アンティークな雰囲気にぴったりなのです。

使い込んでいくうちに、艶が増して変化していくのも楽しみな革です。
a0182148_21051141.jpg








[PR]
by saksakdoh | 2017-09-10 21:11 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

マットな革4姉妹、カットしてみたものの…

ワックスの入ったカーフとカーフスウェード、シープスウェード。

マットで手触りのいい革4姉妹。
a0182148_18185360.jpg

柔らかくてカジュアルなハーフショルダーをつくろうとカットしてはみたものの…

デザインが決まらず出したりしまったりしてかなりの日にちが経ちました。

カバン展まであんまり余裕がないけれど、もうしばらく悩んでみることにします。



そういえば、この子たちも底が丸いラインになってました。








[PR]
by saksakdoh | 2017-09-09 18:31 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)