ヴィンテージファブリックと革の、クラシックな雰囲気のバッグ

USAやヨーロッパのヴィンテージファブリックと革を合わせて、

手持ちにもショルダーにもなるバッグができました。

a0182148_11532642.jpg
a0182148_11533529.jpg
口周りの革をスカラップのようにカットしたので、クラシックな佇まいです。

中はオープンポケットが3個、口はマグネット留め。





底部分に革を当てていますので、程よくしっかり。
a0182148_11540535.jpg
a0182148_11535940.jpg


芯を貼らず柔らかめの仕上がりで、

荷物が多くなれば形も変えられます。
a0182148_11534470.jpg

気取り過ぎず、日常に気軽に持てる、ちょっとガーリーなバッグ、

ぺたんこにしてしまうこともできるので、スーツケースに入れて

旅先で使うのもOKです。






[PR]
# by saksakdoh | 2017-06-22 12:08 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

脇にすっぽり納まるショルダーバッグ 手持ちもOK

ヴィンテージリネンの深いグリーンとグレージュのキップ、

ネップの入ったミッドナイトブルーのヘリンボーン織りコットンとコパーカラーのカーフ。

その組み合わせで、脇にすっぽり納まるショルダーバッグができています。

a0182148_08455694.jpg
a0182148_08460486.jpg

持ち手の取り付け方により、自然と卵型になります。

ダーツを取っていますが、厚みはそれほどなく、脇に納まりがよいかたち。

持ち手は4本丸編みで仕上げていますので、肩から滑り落ちにくいです。

中はオープンポケットが2個。

横幅は最大37㎝ほどで、容量も結構あります。





[PR]
# by saksakdoh | 2017-06-16 08:56 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)

風が通り抜ける アクセサリー

今年の個展のイメージのひとつ、「通り抜ける風」は、

アクセサリーでこんなふうに具現化しています。


a0182148_14441694.jpg
こちらはリング。

アーム部分も革です。

かなりのボリュームですが、とても軽くて、着けていることを忘れそうです。

指でぐにゅっと変形させてもすぐに戻るので、

ぐにゅぐにゅいじって遊ぶのもOK!





ほかにもパーツがいろいろ待機中。

a0182148_14442353.jpg
ネックレスやイヤリング・ピアスになる予定。

とにかく、とてもとても軽く、風が通り抜けるばかりでなく、

風で飛んでいきそうです(笑)。









[PR]
# by saksakdoh | 2017-06-15 14:53 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

アジサイのブローチ 今年バージョン

以前から革でアジサイモチーフのアクセサリーをつくってきましたが、

今年のは、一つ一つがもっと小型化しています。

花弁のふくらみを出したり色を乗せたり、ヴィンテージのペップを合わせたりして

いくつか出来上がりました。

a0182148_11325545.jpg





a0182148_09404578.jpg
a0182148_09405256.jpg


「風もよう 波もよう」でお披露目します。

押さえた色味ですが、涼やかなお洋服に馴染むと思います。








[PR]
# by saksakdoh | 2017-06-14 09:45 | ハンドメイド アクセサリー | Trackback | Comments(0)

DMに登場しているバッグ

先日個展のDMが出来上がり、少しずついろいろなお店に置いていただいています。

快く置いてくださいましたお店の皆さま、いつも本当にありがとうございます!

会場となります倉敷のDaisy Storeさん、今年もよろしくお願いいたします。




DMに登場しているバッグには、白黒のチェッカーのようなイントレチャートを施しています。
a0182148_10255822.jpg
黒がメインだけれど、かしこまった感じにはならず、適度にカジュアルで

装いのピリッとしたアクセントになるのでは、と思います。






今年いくつか挑戦しているイントレチャート、

いよいよ編み始めるときには仕上がりを想像してワクワクするのですが、

そこに至るまでの下準備が相当長く力仕事であります。

まずたくさんのスリットを均等な間隔で開けるのに集中力と体力を使います。

息を止めて、力を入れてエイやっ、の繰り返し。

テープ状にカットした革も、裏やふちがけば立たないように、

編み始める前と編み終わった後に、1か所1か所整えます。

これを日常的にすいすいやってのける職人さんには尊敬の念しかありません!






今週からまた、DM設置をお願いにあちこち伺うと思いますが、

どこかで見かけられましたらどうぞお手に取ってくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

a0182148_11153877.png
a0182148_11250188.png









[PR]
# by saksakdoh | 2017-06-05 11:19 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)