2017年 06月 02日 ( 1 )

クルミの花編みバスケットの修理

バスケットの持ち手が取れたとのことで、

修理のご依頼をいただきました。




クルミの花編みバスケット。

憧れの花編み…美しい!
a0182148_15423468.jpg







なるほど、付け根のこの部分は、年月が経つと傷みやすいですね。
(これは、取れた部分ではなくて、まだくっついている部分をカットしかけたところ)
a0182148_15333938.jpg





a0182148_15360864.jpg


もとが芯入りの4本丸編みでしたので、似た色合いのロウ引きカーフで作り替えました。

最初に作ったのはちょっと太く感じたので、もう一度、革の幅を狭くし、芯も少し細くしてやり直し。

かなり頑丈に縫い留めたうえ、糸でさらに補強し、その上から革を巻きました。

使っているうちに表面のロウが取れて、艶が増してくることと思います。




またこれから長い間お使いいただけるようになればうれしいです。

ご依頼いただきありがとうございました。












[PR]
by saksakdoh | 2017-06-02 15:51 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)