2017年 03月 17日 ( 1 )

ヴィンテージ素材のバッグ その2

ふんわりとしたウォッシュドリネンで、ころんとしたショルダーバッグをつくりました。
a0182148_10522638.jpg




たいそう繊細かつ緻密な、フランスアンティークの手編みレースの服飾パーツを、

ところどころ補修しながら、丁寧にひと針ひと針縫い留めました。

ミシン糸ほどの細い糸を、極細のかぎ針できつきつに手編みした小さなモチーフを、

さらにくさり編みやピコットで装飾しながら編みつないだものです。
a0182148_10321161.jpg

この細かさでピコットを編むのがいかに大変か、レース編みをなさる方ならご存じのはず。

今の世の中でこのような手作業を再現できる人がどれぐらいいるのでしょうか…。




昔の人の根気と器用さに敬意を払いながら、このような素材を扱えることに感謝しながら、

合わせたのは、フランスヴィンテージのきれいなターコイズブルーのベルベットリボン。

こちらも素材に敬意を表して、手縫いで細かく縫い留めています。





アンティーク・ヴィンテージ素材は、よほど丈夫なもの以外は、

なるべく手縫いで、針目を目立たせずに仕上げることが多いです。

時間はかかっても、そのチクチクと無心な作業が、とても心穏やかな時間を与えてくれます。

間違いがないように、きれいに、と神経を張り詰めるミシンでの縫製の合間に、

ほっと心なごむ癒しの時間、大切なひと時です。







承っておりますオーダーのお品も仕上がりました。

近々納品いたしますので、またご連絡させていただきますね。

どうかお気に召していただけますように。



















[PR]
by saksakdoh | 2017-03-17 11:06 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(2)