<< レザーとフラワープリントのトー... 雨の日対応のエナメルのバッグ >>

イントレチャートをあしらったバッグ

ここ数年来、「革で編む」をいろいろ試していて、今年はこれ、イントレチャートです。

棒針やかぎ針で編むのに比べて、むしろ刺しゅうに近い気がしますが、

織物も含めて、織る・編む・刺す は、糸などを上下にくぐらせて模様をつくるから

結果的に同じ範疇に入るのかも。



柔らかいグレーの革で、手持ちにもショルダーにもなるバッグです。
a0182148_12262299.jpg
中は、ファスナーポケットが1個とオープンポケットが3個。

一見小ぶりに見えますが、口幅はいっぱいに開くと35㎝ほどあり、

マチも12㎝あるのでなかなかの容量です。

イントレチャートの部分の革が2重になるので、薄手の革を使用し、とにかく軽く仕上げました。




もっともっと細かいイントレチャートのも準備中ですが、

もはや刺しゅうか平織りとでもいうべきか…
a0182148_12354336.jpg
裏側もなかなかいい感じなのです。
a0182148_12373265.jpg





次に挑戦したいのは、バスケット編み。

いつの日か、黒の硬めの革でバスケットを編む!















[PR]
by saksakdoh | 2017-05-11 12:46 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saksakdoh.exblog.jp/tb/23874773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< レザーとフラワープリントのトー... 雨の日対応のエナメルのバッグ >>