<< ヴィンテージファブリックと革の... 風が通り抜ける アクセサリー >>

脇にすっぽり納まるショルダーバッグ 手持ちもOK

ヴィンテージリネンの深いグリーンとグレージュのキップ、

ネップの入ったミッドナイトブルーのヘリンボーン織りコットンとコパーカラーのカーフ。

その組み合わせで、脇にすっぽり納まるショルダーバッグができています。

a0182148_08455694.jpg
a0182148_08460486.jpg

持ち手の取り付け方により、自然と卵型になります。

ダーツを取っていますが、厚みはそれほどなく、脇に納まりがよいかたち。

持ち手は4本丸編みで仕上げていますので、肩から滑り落ちにくいです。

中はオープンポケットが2個。

横幅は最大37㎝ほどで、容量も結構あります。





[PR]
by saksakdoh | 2017-06-16 08:56 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saksakdoh.exblog.jp/tb/237099335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヴィンテージファブリックと革の... 風が通り抜ける アクセサリー >>