<< 今年の「ギフトガーランド」展 オーダーのビーズ編み込みブローチ >>

タンニン鞣しの育つ革のトート

イタリアの製法と同様のなめし方で仕上げられた

年月とともに育つ革で、トートバッグをつくりました。

2㎜ほどの厚みのある革を、今回ばかりは漉いてもらわないで

素材の良さを生かしたデザインです。

a0182148_10271425.jpg
a0182148_10272488.jpg
横幅34㎝と44㎝の2種類あります。

内布はつけず、手縫いで仕上げています。

ポケットは革で内側に2個。



ただのシンプルなトートでは面白くないので、カシメをたくさん打ってみましたけど、

不思議と、昔の車掌さんの鞄みたいにちょっと懐かしい感じもします。



無造作に荷物を放り込んでがしがし使って、

何十年か経って傷だらけになってもかっこよい鞄でいてくれたらなぁと思います。

a0182148_10412430.jpg












[PR]
by saksakdoh | 2016-11-13 10:43 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saksakdoh.exblog.jp/tb/23360813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年の「ギフトガーランド」展 オーダーのビーズ編み込みブローチ >>