<< チクチク日和vol.50 Th... トラッドなバッグ 今年は… >>

レザーのショルダーバッグと ワイルドなトートバッグ

体になじむ柔らかい革で、ワンショルダーのバッグが2点できました。


ひとつは、洗いをかけたゴートレザーと、ダークシルバーのシープレザーの組み合わせ。
a0182148_21304100.jpg




洗いをかけたことで革の色に濃淡が出て、型押しとはまた違った趣。
(洗い加工が元からしてあった革です。自作ではありません。)

口のところと持ち手は、ダークシルバーの革を細くテープ状にしたものでかがっています。

ほどよくしっかりし、アクセントにも。



a0182148_21310453.jpg
大変軽く、くったりと体になじみます。

中はファスナーポケットが1個と、オープンポケットが2個。






2つめは、グリーンのタンニン鞣しの姫路レザーとキャメルベージュのシープスウェードの組み合わせ。

秋にぴったりの色合いです。

こちらは黒の革レースで口と持ち手をかがっています。
a0182148_22410364.jpg



ゴールドのビットで少しトラッドテイスト。

全体に柔らかく、体になじみます。

底板と底鋲がついています。
a0182148_22411156.jpg




こちらも中はファスナーポケット1個とオープンポケット2個。
a0182148_21320065.jpg









そしてワイルドなトートバッグは、タンニン鞣しのゴートレザー。
a0182148_21313315.jpg

グレーともダークブラウンとも言えそうな複雑な色味です。

ワックスとオイルでしっとりもちもち。

なんだかおいしそうに思えるぐらい。
a0182148_21315231.jpg

手で揉みこむと白っぽくプルアップして、さらに味のある表情に。

使っているうちに柔らかくなり艶も増し、ますますいい味を出していくことでしょう。



持ち手はアルファベットが型押ししてあるタンニン鞣しのオイルレザー。

革そのものを楽しんでいただきたいので、内布なしのすっぴんです。

口のところにホックがひとつあります。



ラフな装いに持つのはもちろん合いますが、

トレンチコートなどのかっちりしたスタイルに持つと、クールなはずしになるのでは、と妄想しております。





カバン展が近づいてきました。

今年はどんなカバンたちが集まるのかな…。

楽しみです!

a0182148_13372864.jpg
a0182148_13374054.jpg


[PR]
by saksakdoh | 2016-08-31 22:02 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saksakdoh.exblog.jp/tb/23171165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< チクチク日和vol.50 Th... トラッドなバッグ 今年は… >>