<< ハリスツイードとシープスウェー... もうひとつ、リュック >>

ダルメシアン柄のハラコとカーフ

なんとか形になりました。ふ~っ。
a0182148_11532697.jpg



一般にハラコと呼ばれている素材は、多くが短めの毛付き革にプリントを施したものです。

こちらもカーフの毛付き革にダルメシアン柄をプリントしたものですが、

土台がカーフだけあって、毛並みもしなやか、裏もきめ細かいです。

それに、イタリアの有名どころのメーカーのワイン色のカーフを合わせました。

コンビなめしですが、さすがに定評のあるメーカーだけあって、

タンニンなめしとほとんど変わらない仕上がり。

コバも磨けました。

手持ちにしてもハーフショルダーにしても、どちらでもOK。




こういうバッグは、ジーンズなどのカジュアルなファッションに合わせて少しはずした感じにするのが、

ほどよくこなれて見える気がします。

俗に言う男持ち的に肩にひょいっとかつぐ感じで持ったりすると

カッコいいんじゃないでしょうか(すでに妄想が始まっている 笑)。









さて、リビング新聞の「おでかけガイド」にも掲載していただきましたが、

いよいよカバン展「カバンワンダーランドⅢ」が近づいてきました。
メンバーのみなさん、早くカバン展ブログに投稿してくださ~い。寂しいです 笑。

7日(火)には搬入しますので、みんな今最後の追い込みにかかっているころでしょう。

私もあとひと踏ん張りいたします。

皆様のお越しをお待ちしております。

a0182148_12115120.jpg
a0182148_12115763.jpg

[PR]
by saksakdoh | 2014-10-05 12:30 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saksakdoh.exblog.jp/tb/20258777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ハリスツイードとシープスウェー... もうひとつ、リュック >>