<< 脱線、その後 カバン展のDM撮影会 >>

DM画像のカバン

a0182148_2115298.jpg
一つは2wayボストン。

とてもきれいなターコイズブルーとグリーン、それにきなりとベージュの

ウール100%のざっくりした千鳥格子。

もともとはシンプルなスカートで、タグには HANDWOVEN IN SCOTLANDとありました。

スコットランド製の手織り生地だなんて、なんて贅沢…。

革でラッキーモチーフの鳥の羽根をつくって合わせてみました。

取り外し可能です。




a0182148_2127212.jpg
リザード型押しの黒革を合わせ、布地のイメージに合わせてベージュのハンドステッチ。

35cmファスナーで、結構容量の大きいボストンバッグになりました。







a0182148_2181057.jpg
もう一つは、キラキラのゴートレザーを細いひも状にカットしてから棒針編みした

クラッチ・ショルダー2wayバッグ。

脱線したときに生まれた、革とビーズクロシェのお花をずらりと留めつけて華やかに。

金古美色に染めたので、そんなに派手ではありません。

120cmのチェーンショルダーが付属していて、着けはずし可能。

チェーンをDカンに2重3重に留めれば、持ち手の長さも調節可能です。




横から見ると
a0182148_2184964.jpg

元の革はこんなにキラキラですが、

編んだことで裏の黒が混ざって見えて、ニュアンスが出たのでは、と思います。

持った感じも柔らかくて、つい揉み揉みしてしまう…。





二つとも、たっぷり手間ひまかけてほとんど手縫いで仕上げました。

カバン展まであと2カ月少々。

いろいろ構想を練っています。
[PR]
by saksakdoh | 2014-07-31 21:39 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saksakdoh.exblog.jp/tb/20052351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 脱線、その後 カバン展のDM撮影会 >>