<< 思い出をかたちにしてみた 内田屋さんへ納品 >>

オーダーバッグと携帯ケース

長らくお待たせしていたオーダーのお品、先日ようやく納品いたしました。

お手元に届いたかどうかまだわからないのでドキドキは続いているのですが、少しご紹介。

2月の個展「春の日の鞄とアクセサリー展」のDMに使用したバッグがモデルで、このように仕上がりました。

a0182148_16165347.jpg

手元にあったグレー系の革は、ほとんどオフホワイトに近いぐらい薄い色だったので、

もう少し「グレー」と呼べるぐらいの明度の革を見つけるまであちこち探して、

ようやく、これなら、と思えるものを手に入れました。




中心部のひらひらは、わりと厚みとコシがあるけれども柔らかい、縮緬のような生地を使って

花びらのような重なりをつくり、それを土台の布に、加減を見ながらビーズで留めています。

軽やかな感じを出したかったので、一度水通ししてくせづけをし、ニュアンスをつけました。

ふちは切りっぱなしですが、ほつれが気になるので軽く糊付けしています。



このひらひらに行きつくまでには、AVRILのグレー系の糸を買い込んでふんわり編んでみたり、

革にギャザーを寄せてみたり、革でひらひらをつくろうとしてみたり、

いろんな方法を試してみました。

しばらく考える日々が続いたのちに、このかたちに行き着いたのですが、

ちょっとアジサイのようにも見えます。

使用した革は柔らかく薄く漉いてありますので、とても軽やかなものに仕上がりました。





そして、初挑戦のこれ。
a0182148_16405764.jpg

自分が携帯を持たないもので、見本でお預かりした携帯ケースに忠実に、

0.1mm単位で微調整しながら型紙を起こし、革のカットは終始ドキドキモノ…。

何度かやり直し、微妙に大きさの違う革がいくつも出現…。

ミシンで縫えないところは手縫いで仕上げております。





少しでも仕上がりをきれいにしたいので、

シルバーとゴールドのアクリル絵の具を混ぜて、革と同じシャンパンゴールドの色をつくり、

コバに塗ってから、さらにコバ仕上げ剤でコーティング。
a0182148_16523444.jpg





無事、お手元でお役に立ちますように。
[PR]
by saksakdoh | 2014-04-14 17:03 | ハンドメイド バッグ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saksakdoh.exblog.jp/tb/19678831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 思い出をかたちにしてみた 内田屋さんへ納品 >>