<< ウールのがま口その2 新年のごあいさつ&新作 >>

ウールのがま口

昨年から、がま口のポーチやポシェットのリクエストをいただく機会が増えました。

最初は慣れなくて四苦八苦していましたが、

最近では、素材や厚みによって、型紙や縫い代をどのように変えればいいのか、

だんだんとわかるようになってきました。



今までは革素材のものを主につくってきたのですが、

ここ最近、厚手のウール素材でのオーダーが続き、

「おお~、ウールのがま口ってほっこりしてかわい~」と思いましたので、

自分でもいろいろ試してみたくなりました。

型紙を新たに作り直して、

ふくらみを出すためのダーツの位置・大きさも数種類のパターンで試作中。

まず第一作目。

片面はこれで、
a0182148_936285.jpg
もう片面はこれ
a0182148_9361457.jpg


小さな面積の生地も、はではでな色の生地も、もれなく可愛く仕上がります。

編み貯めていた小さな手編みのレースモチーフも日の目を見ました。



手に持った感じがものすごくしっくりきて、用もないのに何度も手に持ってみてます(笑)。

いろんな厚手ウールを出してきて、組み合わせを考えるのも楽しい作業。
[PR]
by saksakdoh | 2013-01-10 09:47 | ハンドメイド その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://saksakdoh.exblog.jp/tb/17127563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ウールのがま口その2 新年のごあいさつ&新作 >>